ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 最少養分律
    さいしょうようぶんりつ

    最少養分律とは、植物の生育と必要な栄養素との法則を意味する。1843年(天保14年)にドイツの化学者であるビーリッヒが提唱した。
    「植物の生育とは与えられる養分中の中で最少の物に支配される」という法則。この説を分かりやすく例えた物に「ドベネックの桶」という話がある。これは与えられる養分を桶、植物の成長を水に例え、どれだけ長い板で桶を作ったとしても、ひとつでも短い板があればその部分から水が流れ出てしまうという原理である。
    つまり、植物に窒素やリン酸、カリウムなどの肥料を与えたとしても、その与えられた肥料の中で最も少ない栄養素の分しか成長しないということを表している。その他の栄養素によって不足分を補えるわけではないという理論なのである。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ