ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 黒斑病
    こくはんびょう

    黒斑病とは、野菜や果樹の茎葉・根・果実などに黒褐色ないし黒色の斑点を生じる病害を意味する。病原菌は糸状菌(カビ)の一種であるが、種類は植物により異なる。
    ネギ、ダイコン、ハクサイ、ニンジンなど多くの作物で発生するが、特にサツマイモやナシの被害が大きい。4〜10月頃の高温多湿の時期(特に梅雨時期や秋雨時期)に発病しやすい。水はけの悪い土壌で多発する傾向があり、発病した作物を放っておくと葉が萎縮して下葉から枯れ始める。対策として、排水を良くし密植を避けて風通しを良くする、連作を避ける、適正な肥培管理を行なう、といった防除を行なうと良い。
    また、発病したために切り取った葉を場外に持ち出さず畑に放置しておくと、菌が繁殖を続けて翌年にも黒斑病が発生するおそれがあるため注意が必要である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ