ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 黒点病
    こくてんびょう

    黒点病とは、「糸状菌」と呼ばれるカビによる植物の伝染性病害を意味する。「黒星病」とも呼ばれる。葉茎や果実に小さな多数の黒い斑紋が生じ、株全体に広がり、その後病斑部の周りが黄色く変色。葉を落とし、株全体を弱らせる。病原菌は被害茎や枯れた葉に感染したまま越冬し、翌年も雨などの跳ね返りなどで葉の裏から伝染する。
    気温が20〜25℃程度の比較的高温で多湿(梅雨など)の時期に発生しやすい。発病した場合は、すぐに切り落とし、すべて取り除いたあと、薬剤散布をして広がりを防ぐことが大切である。また、株同士の間隔をしっかり取ることや枝などを間引いて風通しを良くする必要も。水やりの際は株もとへ与え、葉に水がかからないようにする他、落葉などをこまめに処分し、清潔な土壌を保つことなどで黒点病の発病を予防することができる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ