ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 好光性種子
    こうこうせいしゅし

    好光性種子とは、発芽の際に光を必要とする種のことを意味する。代表的な好光性種子にバジル、セロリ、ニンジン、シソなどの野菜や、アゲラタム、ポピー、ペチュニア、ベゴニアなどの花の種が挙げられる。これらの好光性種子の種まきをするときは、土の上に種を置き、薄く土をかぶせる。土に穴をあけて種をまいたり土をかぶせすぎたりしてしまうと、光があたらず発芽しないことがあるため注意が必要。また、かぶせる土の厚みは5mm〜1cm程で、パラパラとかける程度で良い。
    好光性種子とは反対に、光が当たると発芽しない種のことを「嫌光性種子(ケンコウセイシュシ)」と言う。嫌光性種子の種まきでは、種が隠れるようにしっかりと土をかぶせることが重要である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ