ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 嫌光性種子
    けんこうせいしゅし

    嫌光性種子とは、発芽するにあたって光が必要な種子を意味する。あるいは「暗発芽種子」とも呼ばれる。
    光のエネルギーによって植物の生長や分化などが影響を受ける場合があり、それを「光形態形成」と呼ぶ。種子の発芽もこの影響を受ける物がある。嫌光性種子は光が当たると発芽が抑制され、良く知られる物にはシクラメン、クロタネソウ、ハゲイトウなどがある。これらの種をまく際には、光が当たらないように確実に土で覆い、暗い場所で管理する必要が出てくる。
    一方で、光によって発芽が促進されるタイプは「好光性種子」と呼ばれ、ペチュニア、キンギョソウなどがある。これらの種をまく際には土を厚くかぶせるのは禁物であり、一般的に土はかぶせない。また、光に関係なく発芽する種子は「中性種子」と呼ぶ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ