ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 顕花植物
    けんかしょくぶつ

    顕花植物とは、植物の分類において花を咲かせて種子をつくり繁殖する植物を意味する。あるいは「種子植物」とも呼ぶ。厳密にいうと、顕花植物と種子植物は「花」の定義を広義に捉えるか、狭義に捉えるかで意味が異なる。そのため、「種子植物」と呼ばれることが多い。
    この顕花植物(種子植物)は、さらに裸子植物と被子植物に分類される。裸子植物は胚珠が子房に包まれていない構造を持つ植物のこと。ソテツ、イチョウ、マツ、スギなどの木本植物が挙げられる。花は地味で、果実は作られず種子がむき出しの状態であるのが特徴。被子植物は、胚珠が子房に包まれた構造を持ち、受精により種子が成熟すると子房が肥大し果実となる。被子植物は23万〜24万種の存在が確認されており、さらに「単子葉植物」と「双子葉植物」に分類される。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ