ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 結果習性
    けっかしゅうせい

    結果習性とは、植物がどのように実を付けるのかと言うことを意味する言葉である。
    結果習性には2種類あり、「結果枝タイプ」と「結果母枝タイプ」に分けられる。結果枝タイプは今年伸びた枝の花芽が成長して結果する物。モモやリンゴ、ナシ、ウメ等のように、冬に付いた花芽の位置にそのまま結果する。結果母枝タイプは今年伸びた枝に付いた芽が生長し、さらに翌年に枝となって伸び、結果する。春に新しく枝が伸び、その生長と共に花芽が付くブドウやカキ、キウイフルーツ等はその代表である。どのように実を付けるのかを知ることで、果実の収穫量を増やす工夫ができる。例えば、結果母枝タイプであるカキの場合、前年に伸びた枝(結果母枝)の先端に付いた花芽から実を付ける習性がある。そのため、剪定をする際に枝の先端を切って実を付けることができなくなってしまうことを防ぐことができる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ