ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 乾土効果
    かんどこうか

    乾土効果とは、土壌をしっかり乾燥させることによって、栽培中に土壌から供給される窒素量が増加する現象を意味する。一般的に水田土壌の乾土効果が知られている。
    窒素は稲作に欠かせない重要な要素で、植物を構成するタンパク質や酵素に必要不可欠な物。乾燥させた水田土壌に水を加えることで、活発に活動しはじめた微生物が有機物を分解し、多量の窒素が形成されることとなる。
    この乾土効果によりでき上がる窒素は、基肥窒素とほぼ同様の効果を持っている。そのため、乾土効果と基肥窒素により土壌の窒素が過剰となることも。病気や害虫を招きやすくなったり、イネの倒伏の原因になったりする。土壌が著しく乾燥した場合は、基肥窒素の量を減らす減肥を行なうことも必要だ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ