ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 潅水
    かんすい

    灌水・潅水とは植物に水を与えることを意味する。「水やり」、「吸水」とも呼ばれる。雨などの自然な水ではなく、植物が成長を続けるため、人工的に水を与えるときに用いられる。
    灌水・潅水は単純で簡単な方法だと考える人も多い。実は園芸の世界では昔から「水やり3年」と言う言葉がある。マスターするのに3年かかる程、水やりは非常に重要な技術とされている。
    基本的に灌水・潅水は、土が乾いてからたっぷりと与えることが大切。土の表面が湿るだけの量では水不足となるので、鉢底から水が溢れ出るまでたっぷりと与える。灌水・潅水の効果は水分が根に行き渡るだけではない。用土の中の古い空気が押し出し、根の呼吸に必要な新しい酸素を十分に供給し、より健全な植物の成長を促す効果も担っている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ