ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • カルス
    かるす

    カルスとは、未分化の決まった形を持たない植物細胞の塊を意味する。植物の一部を切り取って適切な条件下に置くと、切り取った細胞はカルスを形成し、単体の細胞や細胞塊として成長していく。それらに植物ホルモンを投与することでカルスは茎葉や不定根を分化するため、芽や根が形成されることにより完全な植物体を新たに再生することができる。
    カルスは培地において何代にも亘り成長を続けるため、発見当初はほぼ永久的にカルスから新しい植物が形成可能だと考えられた。しかし、次第に植物への分化は培養開始からの期間や回数が関係することが分かり、長期間の培養後の植物再生は不可能であることが判明。このような培養によって作られた植物には遺伝的変異が起きやすく、カルスを利用した種苗生産には限界があると理解されるようになった。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ