ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 株分け
    かぶわけ

    株分けとは植物を繁殖させるときに行なうひとつの方法で、株を人為的に分割して個体を増やす方法。株分けにより、親と同じ物を増やすことができる。同義語に「芽分け」「根分け」「分株」「分栽」がある。株分けが行なわれる植物には、アジサイ、ユキヤナギ、イチゴ、ダリヤ、シャクヤク、オリヅルランなど。
    株分けは、成長し大きくなり枝や葉が混み合い生育が悪くなった宿根草、観葉植物などでも株の更新や生育促進のため行なわれる。
    発根した物を分割するため、植物によって根の不定芽や根茎、ランナーなど分割する組織は様々である。繁殖方法としては安全かつ簡単ではあるが、あまり効率的な方法ではない。
    株分けの時期としては、春から初夏に咲く植物は10月頃、夏から秋にかけて咲く植物は3月中旬頃が良い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ