ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 隔年結果
    かくねんけっか

    隔年結果とは、実が多くなる年と少ない年が交互にやってくることを意味している。実が多くなる年のことを「表年」、あまり成らない年のことを「裏年」と言う。表年に花を多く付け、たくさんの実を付けることで木の養分を多く使ってしまい、枝が衰弱してしまうことで起こる現象である。
    隔年結果にさせないためには「剪定」と「花摘み(摘花)」、「幼果摘み(摘果)」が重要となってくる。剪定とは樹木の枝付きのバランスを整えるために行なわれ、組み合った枝や枯れた枝を切り落とすこと。それによって花芽の付きが良い枝を作ることができる。花摘みや幼果摘みは、枝に付く花や実を制限することによって、木が消費する養分を抑えることを可能にする。また、実の数を増やしすぎないことで、ひとつひとつの果実を大きく育てることができる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ