ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 花芽分化
    かがぶんか、はなめぶんか

    花芽分化とは、植物の成長過程の中で、生殖器を分化し、花が開花するまでの流れの中で起こり、花の各部分のもととなる部分が分化していくことを意味する。花芽分化で形成された部分が成熟することにより、やがて開花が起こる。
    花芽分化が起こるタイミングは、植物の種類によって三つのタイプに分けられる。ひとつめは、植物が生長し充分な大きさになったときに形成される。このような植物を「中生植物」と呼ぶ。シクラメンが該当し、花芽分化から110日程で開花する。ふたつめは、一日の明るい時間の長さに反応し、形成される。このような植物は「長日植物」や「短日植物」と呼ばれ、ポインセチアなどが該当する。三つめは、寒さに遭うことで形成。植物が一定期間低温に置かれることで花芽分化が起こることを「春化」と呼び、チューリップなどがこれにあたる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ