ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • F1
    えふわん

    F1(エフワン)

    F1(first filial generation)とは、異なる純系・近交系の品種を交配して生まれる作物の一代目のこと。「一代雑種」「一代交配種」などとも呼ばれる。
    一代目に限り、大きさ、収量、多産生などにおいて安定して作物ができる。このような優良品種を「F1品種」と言う。20世紀初頭、米国でトウモロコシが初めて開発された。日本国内では1948年(昭和23年)にトマトを発売。以降、様々な作物が作られ、日本のほとんどの市販作物がF1品種となった。
    作物には、親より品質が優れ、旺盛な生育を示す「雑種強勢」と言う現象がある。両親が遠縁になる程その効果は高い。一代目にこの現象を受けるため、二代目以降は雑種強勢が失われるなど、遺伝的分離がおきて品質が不揃いになる。そのため、同じ組み合わせで交配をし続けなければならない。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ