ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • エチレン
    えちれん

    エチレン(エチレン)

    エチレンとは、化学式C2H4、常温(25℃)常圧(100kPa)ときにおいては無色の気体で、かすかな甘い臭いを持つ物質を意味する。
    エチレンは植物体内で生合成され、低濃度で植物の生理活動に影響を与える「植物ホルモン」の一種でもある。植物ホルモンは組織の伸長、根の分化、花芽の分化、離層の形成、落葉の促進、種子の休眠など様々な植物の生長にかかわっている。その中でエチレンは、果実の成熟に伴って多量に形成される物質で、植物ホルモンの中では最も単純な構造を持つ。その作用としては、細胞の肥大、花芽分化の促進、花や果実の熟成や老化、落葉の促進、伸長の抑制などが挙げられる。
    特にリンゴはエチレンを多く発生する果実。未熟なバナナやキウイなどを一緒にビニール袋に入れて保存すると、リンゴから放出されたエチレンの作用で成熟が早まる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ