ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 栄養繁殖
    えいようはんしょく

    栄養繁殖とは、根、茎、葉などの栄養器官から植物を増やした物で、種子以外から繁殖する無性生殖のことを意味する。受精を経由しないため、「クローン繁殖」、「栄養生殖」とも。挿し木、挿し葉、球根の分球、株分けなどがこれにあたる。
    栄養繁殖で植物を増やすメリットは、親の株と同等の性質の物が育つということである。受精を経由して繁殖する種子繁殖は、生物の本能で子孫繁栄を考え多様性を維持しようと様々な策を練らなければならない。そのため、個体ごとにばらつきが出てしまうのは必至。そのばらつきのために、発芽しない物、花の色合いが違う物などが生まれる。それは植物本来の姿ではあるが、そのばらつきをなくし安定的に植物を供給できるよう、栄養繁殖が行なわれるのである。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ