ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 栄養系
    えいようけい

    栄養系とは、栄養繁殖によって増やされた植物のことを意味する。種子繁殖とは違い、挿し木、挿し葉、挿し芽などで増やすことができるため、種子のできにくい植物を増やすのに便利。栄養系に対し、種子繁殖で増えた植物は「実生系(みしょうけい)」と呼ばれる。栄養系と実生系とでは、外見上は違いもなく、苗の時点で見分けることはほぼ不可能。植物によっては、栄養系と実生系で根の張り方や蔓の伸び方、花のボリュームなどに差が見られることもある。
    栄養系が見られる植物は、ゼラニウム、コリウス、バーベナ、ペチュニアなど。実生系と区別するため、それぞれ「栄養系ゼラニウム」、「栄養系コリウス」などと呼ばれ、園芸店などでもそのように表示され販売されていることが多い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ