ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • イラガ
    いらが

    イラガとは、鱗翅(りんし)目イラガ科に属する昆虫の総称。日本全土に分布し、地域によって「蜂熊」「オキクサン」「シバムシ」「キントキ」「デンキムシ」「オコゼ」など様々な名で呼ばれている。
    幼虫は「イラムシ」と呼ばれ、ウミウシのような形状で毒針を持ち、皮膚に触れると非常に痛く皮膚炎を起こす。6〜10月頃に見られ、カキやサクラ、カエデ類、ヤナギ類などの葉裏に生息している。白地に黒帯模様の固い卵状の繭を作り、越冬する。ちなみにイラガの繭は釣り餌としても利用されている。
    成虫になると、開帳30mm程度の大きさで、全体的に黄色く外半部が褐色、幼虫と異なり無害である。越冬中の繭を駆除する方法が一番安全で、翌年の発生を抑えられる。また幼虫を見付けた際は、虫が付いている樹木に殺虫剤を散布すると良い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ