ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 萎黄病
    いおうびょう

    萎黄病とは、土壌中の細菌が根から植物に感染することによって引き起こされる植物がかかる病気の一種。萎黄病に感染した株は下葉が黄色く変色し、株がねじれたり小さくなったりなど奇形化するのが特徴。一度病気にかかると進行が早く、落葉して枯死に至る。発病した株の土壌に近い茎を切断して断面を観察すると、維管束の一部が茶色く変化しているのが容易に確認できる。高温多湿や酸性土壌などの条件下で発生しやすい。
    宝交早生であるイチゴは特に萎黄病にかかりやすく、発生すると葉が奇形となり親株から出るランナーの数が減少するなどの被害が出る。その他にも、アブラナ科のキャベツ、ダイコン、ハクサイ、コマツナ、チンゲンサイ、花ではコスモス、アスター、キンセンカなど多様な植物に発生する病気である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ