ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

植物園[ガーデニング]

ガーデニング(園芸)用語集

ガーデニング(園芸)用語集 ガーデニング(園芸)用語集

文字サイズ

  • 雨よけ栽培
    あめよけさいばい

    雨よけ栽培とは、ビニールハウスで屋根部分だけをビニールで覆い、生育期間の大部分を雨よけの状態で栽培する方法を意味する。これによって気象障害を回避し、より生産性を高めることが可能となる。
    また、作物が直接雨に濡れることがなく、水分をコントロールすることで収穫物の降雨による障害(裂果、乱形果)を防ぐのに効果的。泥はねによる土壌病原菌の被害や、雨によって伝播する疫病の発生を抑制することもでき、品質向上と安定生産が期待できる栽培方法である。降雨によって裂果が起きやすいトマトやミニトマトの栽培においては、雨よけ栽培が多く用いられている。
    また、雨よけ栽培にすることで、雨が降っても通常通りの作業が可能になるため、天候に左右されず効率良く作業を進められるというメリットもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の植物園[ガーデニング]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ