ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

植物園[ガーデニング]

バルコニーで育てる

>> ガーデニングTOPへ

香りを楽しむハーブ

ハーブと言えば、その穏やかな香りで、日々の疲れやストレス解消を促したり、リラックス・美容効果があることで知られています。
毎日の生活を楽しく彩りあるものにするために、週に1、2度、リフレッシュタイムを作ってみましょう!

ハーブティーを楽しむ

ハーブティーを楽しむ

ハーブの利用法の中でも最もポピュラーなハーブティーは、有効成分を手軽に摂取することができます。
朝食とともに、午後のティータイムに、ハーブの香りで心地良いひとときを過ごしてはいかがでしょうか?

準備する物

準備する物
  • ハーブ
    ドライ:小さじ1(1人分)
    フレッシュ:ドライの3倍
  • その他
    ティーポット、ティーカップ、茶こし

手順

ハーブティー

【1】ポットとカップ
ティーポットとカップをあらかじめ温めておきます。

【2】葉を刻む
ハーブの葉を細かく刻み(フレッシュの場合は刻まずに、さっと洗う)、ポットに入れます。ローズヒップなど粒子状の物は細かく砕き、大きな葉は酸化を防ぐために使う直前にちぎります。

【3】蒸らす
沸騰したお湯を注いだら、香りや成分を十分に引き出すために、すぐに蓋をして3〜5分間蒸らします。

【4】カップに注ぐ
ティーポットを軽く動かし、お茶の濃さを均等にしたら、目の細かい茶こしを使いカップに注ぎましょう。
仕上げにハーブの葉や花を浮かべると見た目にも楽しむことができます。

■Point
初めて使うハーブは、量を少なくし、慣れてきたら増やしてみましょう。
紅茶などにハーブを入れても楽しめますし、何種類かブレンドしても新しい楽しみ方ができます。

ハーブのお風呂でリラックス【ハーバルバス】

ハーバルバス

日常のストレスや疲れを癒すには、お風呂でリラックスするのが一番。
ハーブの香りは人間の脳と体をリフレッシュさせたり、安眠を促したりと、様々な心理効果を与えてくれます。

準備する物

準備する物
  • ハーブ
    ドライ:2分の1〜1カップ
    フレッシュ:刻んでいない物1〜2カップ
    ※フレッシュは敏感肌には刺激が強い場合があります。
  • その他
    木綿袋

手順

バスタイム

【1】木綿袋に入れる
適量のハーブを木綿袋に入れて、口をひもでしばります。ドライハーブは水を吸うと3〜4倍になるので、大きめの袋に入れます。

【2】お湯を沸かす
ハーブ袋を浴槽に入れ、お湯を沸かします。入浴時は少しぬるめのお湯(37〜39℃)に長くつかりましょう。

【3】入浴
入浴中、ハーブ袋はマッサージやパッティングに使用できます。かんきつ類の皮をらせん状にむいて浮かべても華やかになります。

■Point
鍋にハーブ袋を入れ15分くらい煮出したエキスを入れると、いっそう効果的ですし、給湯式のお風呂でもハーバルバスが楽しめます。

ハーブのお風呂でリラックス【フットバス】

フットバス

体全体が温まるフットバスは、欧米で人気を集めています。
足がむくんだときや、風邪・不眠にも効果があると言われています。

準備する物

準備する物
  • ハーブ
    ドライ:大さじ3杯
    フレッシュ:大さじ6杯
  • その他
    洗面器

手順

バスタイム

【1】熱湯を注ぐ
ハーブを洗面器に入れ、熱湯を注いで15分ほど待ちます。

【2】足を浸す
さらにぬるめのお湯を加え適温にし、15分ほど足を浸します。体が温かくなるとともに、疲れてむくんだ足が回復します。

■Point
朝は熱め(リフレッシュ)42〜3℃、夜はぬるめ(リラックス)39℃程度のお湯が適温です。

ハーブコスメでキレイになろう【ハーブソープ】

ハーブソープ

特別な材料は一切使わず、いつでも手に入れることができる市販の石鹸が、優しいハーブソープに大変身。
好きなハーブを使って手作りソープにチャレンジしてみましょう。

準備する物

準備する物
  • ハーブ
    ドライ:大さじ2杯
  • 石鹸
    市販の物(無香料、無着色)
  • ハチミツ
    大さじ1杯
  • その他
    おろし金、ボール、ビニール袋、オリーブオイルかサラダ油

手順

ハーブソープ

【1】石鹸をおろす
石鹸をおろし金などで細かくすりおろしておきます。

【2】ハーブを湯に浸す
お好みのハーブを細かく刻みます。鍋に大さじ2のドライハーブを入れ、熱湯をひたひたになる程度注ぎ、そのまま冷えるまで待ちます。

【3】湯煎する
すりおろした石鹸を入れたボールに、湯に浸したハーブを注ぎ、湯煎にかけます。

【4】混ぜ合わせる
石鹸が溶けてきたら、ハチミツを加えて泡を立てないようによく混ぜ合わせます。滑らかになってきたら、火を止めて少し冷まします。

【5】成形
溶かした石鹸が手で触れる温かさになったら、型にはめ込んで形を整えます。表面を滑らかにしたい場合は、最後にオイルを塗りましょう。

【6】仕上げ
陰干しをして十分に乾かします。

■Point
使用後の用具はお湯に付けて、こびりついた石鹸をよく落としましょう。

ハーブコスメでキレイになろう【ハーバルローション】

ハーバルローション

ハーブの効果を利用した、体中に使えるローションです。
ハーブティーの作り方が分かれば、こんなに簡単にできてしまいます。

準備する物

準備する物
  • ハーブ
    ドライ:小さじ1〜2杯
  • ウォッカまたはハチミツ
    小さじ2分の1〜1
    ※ウォッカには防腐効果があります。アルコール度数が40%以上のものを使用して下さい。
  • 精製水
    100ml
  • エッセンシャルオイル
    2〜3滴
  • その他
    化粧水を入れる容器

手順

スキンケアタイム

【1】ハーブティーを作る
精製水で濃い目のハーブティーを作ります。

【2】ブレンド
容器にハーブティーとウォッカ、もしくはハチミツを加えます。このとき、エッセンシャルオイルがあれば、1〜2滴注すと効果的です。

【3】仕上げ
冷蔵庫で2〜3週間ほど保存できます。使うときはよく振ってから使用しましょう。

■Point
脂性肌にはウォッカ、乾燥肌にはハチミツを加えましょう。
グリセリン1さじを加えれば保湿効果、クエン酸1滴で化粧水を弱酸性に保つ効果を得られます。