ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

ニゲラ

和名は「クロタネソウ」。霧の中から妖精が立ち現れたような花の姿から「霧の中の恋人」とも呼ばれています。

ニゲラ 難易度 普通
開花時期 4~6月
種まき時期 9~10月

ハーブとしてのニゲラ

美しい花姿から、園芸的に価値の高い花です。

芳香のある種はピリッとした味があり、ペパーの代用として料理やパン、ケーキにふりかけて使われます。

また、種子は母乳の分泌を良くすると言われています。

ニゲラの花の特徴

葉に特徴があり、先端が糸状になっています。

白、ピンク、紫、青などの花色があり、花のあとにふくらむ果実の中には、黒い種がたくさん詰まっています。

栽培のポイント

用土

水はけの良い土を使いましょう。

肥料

地植えにする場合は、種をまく2週間くらい前に石灰を混ぜ込んでおき、酸性を中和するようにしましょう。

水やり

与え過ぎに注意し、やや乾燥気味に育てましょう。

種まき

直根性で移植を嫌いますので、直まきが適しています。

種は嫌光性で、明るいと発芽しないので土を厚めに被せましょう。

日常のお手入れ

寒さには比較的強く、暖地では霜よけの必要はありませんが、冬季冷え込む地方では霜よけをした方が安全です。

楽しみ方
楽しみ方

果実が風船のようにふくれた頃、風通しの良い日陰で逆さにつるして乾燥させましょう。素敵なドライフラワーが作れます。

種には消臭作用があるため、細かいネットの袋に入れ、タンスや下駄箱に保管すれば脱臭剤としても利用できます。