ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

ギリア

和名は「タマザキヒメハナシノブ」。北米西部、カリフォルニアやオレゴンを中心に20~30種類が分布しています。

ギリア 難易度 やさしい
開花時期 5~6月
種まき時期 10月

トリコロールとカピタータ

園芸種は主に花の付き方で2タイプあります。

ギリア・トリコロールは淡い紫色のグラデーションが美しく、やや大きめの花がまばらに付きます。

ギリア・カピタータは数十輪~数百の小さな花をくす玉のようにまとめて咲かせます。

栽培のポイント

用土

乾燥した環境で砂質や小石の混じった、水はけの良い土を選びましょう。

肥料・水やり

肥料や水が多いと茎が細長く、軟弱な株になります。あまり手をかけない方が丈夫に育つこともあります。

栽培場所

1年草で、とても丈夫で育てやすく、良く日の当たる乾燥気味の場所を好みます。

日常のお手入れ

耐寒性があるので、苗の時期に霜や寒風に気を付ければ、特に防寒を行なう必要はありません。

過湿には弱いので、乾かし気味に育てます。

高性種は倒れないように支柱をしましょう。

植え付け

ビニルポットに種を直まきし、間引きながら苗を作っていきます。

ポット苗の状態で冬越しをして、4月に入ってから花壇や鉢に植え付けましょう。

種まき

高温多湿に弱いので、その時期を避けるためにも秋に種をまいて、翌年の初夏に花を咲かせるのが一般的です。

発芽温度は10~13℃程度とやや低めなので、平地では涼しくなり気温の下がる10月頃がまき時です。

暑さが残る時期では発芽しにくいので、早まきしないようにしましょう。

切り花

草丈が高く、水あげも良いので、切り花に向いています。