ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

アネモネ

花色、咲き方とも様々なものがあり、丈夫で、簡単に栽培することができます。

アネモネ 難易度 やさしい
開花時期 3~5月
種まき時期 10~11月

日本にもあったアネモネ

アネモネの仲間は北半球に90種あり、日本には12種類が自生しています。

高山植物のハクサンイチゲや山林などで見られるイチリンソウ、ニリンソウ、花壇などにあるシュウメイギクなどが日本産アネモネ属です。

地中海沿岸地方原産のもので、日本には明治時代初期に輸入されました。

日本の気候であればどこでも冬越しできるので、手軽に栽培できます。

冬が好き!冬に強いアネモネ

冬の寒さに充分当てないと花が咲かないという、冬に非常に強い花です。

もともと冷涼な気候を好むので、日本に輸入されてからも気候に順応し、すっかりポピュラーな花となりました。

逆に高温多湿に弱いので、夏は球根を掘り上げて貯蔵します。プランターでも花壇でも簡単に栽培できるので、初心者でも安心です。

栽培のポイント

用土

酸性土を嫌うので、弱酸性または中性に酸度調整済みの培養土を使用しましょう。

肥料

遅効性肥料を元肥にします。育ち始めたら1ヵ月に1度ぐらいリン酸やカリを含む肥料を与えましょう。

水やり

常時湿っていると球根が腐るので、乾いた頃にたっぷりと与えましょう。

植え付け
植え付け

湿らせた砂やバーミキュライトの上に並べ、1週間程かけ水を吸わせます。球根が膨らんだら鉢などに植え込みましょう。

花壇植えの場合、深さは3cmくらい、間隔を15cmくらいあけます。

球根の向きは尖った方が下です。注意して植えましょう。

日常のお手入れ

良い花を咲かせるには、風通しと日光を十分与え、酸性の土は中和させます。

花が枯れてきたら花茎の下から切り取りましょう。

増やし方

分球で増やします。掘り上げた球根を10月の植え付時に使います。球根は手で簡単に分けられます。

保管

夏は球根を掘り上げて乾かし、よく土を落として涼しい日陰で貯蔵します。