ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

8月の花言葉図鑑



「誕生日別」に花言葉をご紹介します。

8月( 8/1 ~ 8/31 )

8月1日 【愛情の絆】
あさがお(ヒルガオ科) 名称 あさがお(ヒルガオ科)
花言葉 愛情の絆

朝に咲く花として6月下旬頃から庭を彩る花として有名です。その種は漢方薬にもなります。

8月2日 【戦い、治療】
のこぎりそう(キク科) 名称 のこぎりそう(キク科)
花言葉 戦い、治療

葉の形が、ノコギリのようにギザギザしているところから名付けられています。漢字では、「鋸草」と書きます。

8月3日 【可憐、無邪気】
まつばぼたん(スベリヒユ科) 名称 まつばぼたん(スベリヒユ科)
花言葉 可憐、無邪気

英名は「ローズ・モス」。松の葉のような針状の肉厚な葉が苔のように一面を覆い、可愛い花を咲かせます。

8月4日 【恋する辛さ】
トリトマ(ユリ科) 名称 トリトマ(ユリ科)
花言葉 恋する辛さ

英名は「トーチ・リリー」。小さな花が穂状に集まり下に向かって咲く姿は、まるでたいまつのようです。

8月5日 【光輝、愛慕】
ひまわり(キク科) 名称 ひまわり(キク科)
花言葉 光輝、愛慕

真夏の代表花です。太陽に向かって大輪の花を咲かせることから名付けられ、漢字では、「向日葵」と書きます。

8月6日 【別れた友への想い】
ジニア(キク科) 名称 ジニア(キク科)
花言葉 別れた友への想い

和名は「百日草(ひゃくにちそう)」。花持ちがよく切花にしても咲き続けることから名付けられています。

8月7日 【揺れる想い】
ほていあおい(ミズアオイ科) 名称 ほていあおい(ミズアオイ科)
花言葉 揺れる想い

葉のもとの部分が七福神の布袋様のお腹ようなふくらみを持つことから名付けられています。漢字では、「布袋葵」と書きます。

8月8日 【あなたの容姿に酔う】
クレオメ(フウチョウソウ科) 名称 クレオメ(フウチョウソウ科)
花言葉 あなたの容姿に酔う

和名は「風蝶草(ふうちょうそう)」。風の中に群がる蝶のような花を咲かせることから名付けられています。

8月9日 【ふれあい】
たばこ(ナス科) 名称 たばこ(ナス科)
花言葉 ふれあい

葉を煙草の原料にしてしまうので、花は摘み取られてしまいます。観賞用に改良したものもあり、ニコチアナと呼ばれています。

8月10日 【歓喜】
ねむのき(マメ科) 名称 ねむのき(マメ科)
花言葉 歓喜

葉が夜に閉じる「眠る木」が転じて、「合歓木(ねむのき)」と書きます。絹糸を集めたような淡いピンクの花を咲かせることからシルクツリーとも呼ばれています。

8月11日 【常に愛らしい】
るこうそう(ヒルガオ科) 名称 るこうそう(ヒルガオ科)
花言葉 常に愛らしい

夏に旺盛な生長力でつるを伸ばし、赤い花を咲かせることから名付けられています。漢字では、「縷紅草」と書きます。

8月12日 【新しい恋、繊細な美】
ハイビスカス(アオイ科) 名称 ハイビスカス(アオイ科)
花言葉 新しい恋、繊細な美

ハワイの花として有名です。もとは中国原産の、扶桑花(ぶっそうげ)を品種改良した花です。

8月13日 【夢でもあなたを想う】
さぎそう(ラン科) 名称 さぎそう(ラン科)
花言葉 夢でもあなたを想う

純白の可憐な花が咲くその姿を、白鷺の飛ぶ姿に見立てて名付けられています。

8月14日 【注意、危険】
きょうちくとう(キョウチクトウ科) 名称 きょうちくとう(キョウチクトウ科)
花言葉 注意、危険

葉のかたちは細長い竹に、花のかたちは桃に似ていることから中国名と同じ「夾竹桃」と名付けられています。

8月15日 【恋によって身が細る】
おくら(アオイ科) 名称 おくら(アオイ科)
花言葉 恋によって身が細る

その実は、ねばりのある夏野菜として有名ですが、扶桑花(ぶっそうげ)に似た美しい花を咲かせます。

8月16日 【情熱】
ブーゲンビリア(オシロイバナ科) 名称 ブーゲンビリア(オシロイバナ科)
花言葉 情熱

南国でよく見かけ、真夏の太陽と青い空に映える鮮やかな花です。発見した探検家ブーゲンビルに由来して名付けられています。

8月17日 【陶酔】
ダツラ(ナス科) 名称 ダツラ(ナス科)
花言葉 陶酔

日本初の麻酔手術を行った華岡青洲が使った麻酔薬として知られています。ラッパ状の大きな花を咲かせます。

8月18日 【旅行、航海】
むらさきおもと(ツユクサ科) 名称 むらさきおもと(ツユクサ科)
花言葉 旅行、航海

葉の裏が紫色で一年中青々としていることから名付けられています。漢字では、「紫万年青」と書きます。

8月19日 【永続、堅実な未来】
カンナ(カンナ科) 名称 カンナ(カンナ科)
花言葉 永続、堅実な未来

熱帯アメリカ原産で、根が食べられる食用と観賞用があります。観賞用は、とても鮮やかな花を咲かせます。

8月20日 【矯艶】
クロトン(トウダイグサ科) 名称 クロトン(トウダイグサ科)
花言葉 矯艶

多くの品種があり、葉の色や形状が様々なことから「変葉木(へんようぼく)」とも呼ばれています。

8月21日 【聖なる愛】
とけいそう(トケイソウ科) 名称 とけいそう(トケイソウ科)
花言葉 聖なる愛

ブラジル原産で、時計のような花の形から名付けられています。また、その実は「パッションフルーツ」として知られています。

8月22日 【恋の訪れ】
アガパンサス(ユリ科) 名称 アガパンサス(ユリ科)
花言葉 恋の訪れ

和名は「紫君子蘭(むらさきくんしらん)」。玉のように放射状に花が咲きます。

8月23日 【はかない美】
げっかびじん(サボテン科) 名称 げっかびじん(サボテン科)
花言葉 はかない美

真夜中に芳香漂う純白の美しい花を咲かせ、朝にはしぼんでしまうとても短命な花です。

8月24日 【同意、温和】
おいらんそう(ハナシノブ科) 名称 おいらんそう(ハナシノブ科)
花言葉 同意、温和

正しくは「草夾竹桃」。ですが、華やかな花の姿から花魁(おいらん)に見立てて名付けられた「花魁草」の方が一般に知られています。

8月25日 【誠実】
ひおうぎ(アヤメ科) 名称 ひおうぎ(アヤメ科)
花言葉 誠実

葉の姿が平安貴族が持っていたヒノキの扇に似ていることから名付けられています。

8月26日 【ひょうきんな】
へちま(ウリ科) 名称 へちま(ウリ科)
花言葉 ひょうきんな

繊維質なその実から「糸瓜(いとうり)」とも呼ばれ、いろはの洒落から「へちま」と名付けられたという説があります。

8月27日 【繊細な美、富貴】
ふよう(アオイ科) 名称 ふよう(アオイ科)
花言葉 繊細な美、富貴

大輪の淡く美しい花を咲かせます。古来より美しいものの例えとして引用され、古くは蓮の花を「芙蓉(ふよう)」と呼んでいたそうです。

8月28日 【変わらぬ愛】
ききょう(キキョウ科) 名称 ききょう(キキョウ科)
花言葉 変わらぬ愛

青紫色の鐘形の花で、秋の七草として山上憶良は「朝顔の花」と詠んでいます。その根は薬として重宝されています。

8月29日 【色あせぬ恋】
けいとう(ヒユ科) 名称 けいとう(ヒユ科)
花言葉 色あせぬ恋

燃えるような緋色の花を咲かせ、雄鶏のトサカに似ていることから名付けられています。漢字では、「鶏頭」と書きます。

8月30日 【伝統、歴史】
かやつりぐさ(カヤツリグサ科) 名称 かやつりぐさ(カヤツリグサ科)
花言葉 伝統、歴史

古代エジプトのパピルス紙は、この茎を原料にしたそうです。茎を両端から裂いた様が蚊帳を吊った姿に似ていることから名付けられています。

8月31日 【知恵、家庭愛】
サルビア(シソ科) 名称 サルビア(シソ科)
花言葉 知恵、家庭愛

「救う」や「健康」を意味するラテン語サルウスを語源とし、薬用としても用いられます。