ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

レタス

レタス
種まき時期
春:3月下旬
夏:8月上旬
秋:10月
収穫
春:6月~7月
夏:11月~12月
秋:翌年3月~4月
品種
シスコ、バラード、サクラメントなど
栽培難易度
普通
栄養
ベータカロチン、ビタミンC、E、鉄分など
病害虫駆除
灰色かび病、アブラムシが発生します。

一般的にレタスと呼ばれているのは結球性の玉レタスのことで、極早生、早生、中生のものがあります。

涼しい気候を好み、25℃以上になると病気も発生しやすく、生育が悪くなります。トウ(花茎)が立つと球状にならないので、トウが立ちにくい品種を選ぶようにします。

また、品種によって種まきの時期が違いますので、時期に合わせて選びましょう。

栽培方法

用意するもの

種まき用の3号ポリポットと、植付け用として10号以上の鉢や大型プランターなど深さ15cm以上で、用土が20リットル以上入る容器を使います。
倒れないように支柱も必要です。

用土

小粒の赤玉土6、腐葉土2、バーミキュライト2の割合で混ぜ合わせます。
調整時に苦土(くど)石灰を用土1リットル当たり1g、植付け1週間前に化成肥料を、用土1リットル当たり2gを混合します。

種まき

種まき

3号ポリポットに間隔を空けて3~4粒の種をまきます。光を好むため土はできるだけ薄めに被せます。
春と秋は保温しますが、夏は芽出しまきをします。
芽出しまきのやり方は、一昼夜水につけた種を湿った布に包み、さらに布ごとビニール袋に入れます。
そのまま冷蔵庫に入れ芽が1~2mm出たら種まきをします。

世話

世話
  1. 子葉が開ききったら、生育の遅いものや元気のないものを間引きします。
  2. 本葉が2枚になったら2株にし、本葉3~4枚の頃に1株にします。
  3. 本葉4~5枚の頃に植え替えを行ないます。
    プランターなら株間を20~25cmにして3株植付けます。根鉢を崩さないように浅植えします。
  4. 育苗中から週1回、薄めた液体肥料を与えます。株が落ち着いたら2週間おきに1株当たり7~10gの化成肥料を与えてもよいです。

収穫

収穫

球の上部が硬く締まってきたら、株元から切り離して収穫します。
収穫が遅れるととうが立ったり苦くなったりするので早めに収穫しましょう。
食べる際は、サラダ、ハンバーガー、タコスなど主に生食しますが、ソテー、クリーム煮、中華炒めなどの加熱調理してもおいしくいただけます。