ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

ラディッシュ

ラディッシュ
種まき時期
3月~9月
収穫
5月~12月
品種
コメット、スパークラー、ロングスカート、アイシクル、フレンチブレックファストなど
栽培難易度
やさしい
栄養
ビタミンB1、B2、C、E、カルシウム、カリウムなど
病害虫駆除
アブラムシやアオムシなどが発生します。
ラディッシュ

ラディッシュは、小型のダイコンで生育期間が短いことから別名ハツカダイコンとも呼ばれます。色や形などで品種が多数あり、涼しい気候を好みます。

家庭で手軽にできるので、家庭栽培が初めての人には入門編のような野菜です。栽培のポイントは用土の湿り気を適度に保つことです。

栽培方法

用意するもの

深さが15cm以上ある標準プランターを使います。

用土

小粒の赤玉土6、腐葉土2、バーミキュライト2の割合で混ぜ合わせます。
用土の調整時に苦土(くど)石灰を用土1リットル当たり1g、種まきの1週間前に化成肥料を、用土1リットル当たり1.5gを混合します。

種まき

種まき

用土の表面を平らにし、1~2cm間隔で種をばらまきします。
その上から種の2倍ぐらいの高さまで土を被せます。

世話

世話
  1. 子葉が開ききった頃に、密集しているところから間引きを始めます。
  2. 本葉1~2枚で、株間2~3cmに、本葉3~4枚で、株間5~6cmに間引きしていきます。
  3. 夏場は生育が早いので、本葉1~2枚で、株間5~6cmにしたほうがよいでしょう。
  4. 間引きを始めた頃から薄めた液体肥料を5~7日おきに与えます。

収穫

収穫

丸形のものは直径2cmぐらいになったものから収穫していきます。
収穫が遅れるとス(細い穴、根菜類の芯に入る)が入ったり、根が割れやすくなります。
種まきから収穫までの期間は、春・秋は30~40日、夏は20~30日程度です。
食べ方は、飾り切りして料理の彩りにしたり、薄切りにしてサラダに入れたり、ピクルスにしても楽しめます。