ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

ピーマン

ピーマン
植付け時期
5月
収穫
6~10月
品種
京ゆたか、ニューエース、ワンダーベル、ゴールデンベルなど
栽培難易度
普通
栄養
ベータカロチン、ビタミンC、ミネラルなど
病害虫駆除
うどんこ病、ハダニ、アブラムシが発生します。
ピーマン

ピーマンには、一般的に見られる緑のほかに、様々な色の品種があります。

高温に強い性質を持っているので、真夏の高温でも生長します。種からの栽培もありますが、初心者は苗を購入して育てた方が無難です。次々に実がなるので、追肥や水やりをまめにすることがポイントです。

栽培方法

用意するもの

10号以上の鉢や大型プランターなど、用土が20リットル以上入る容器を使います。乾燥防止用の敷きワラも必要です。

用土

小粒の赤玉土6、腐葉土2、バーミキュライト2の割合で混ぜ合わせます。
調整時に苦土(くど)石灰を用土1リットル当たり1g、植付け1週間前に化成肥料を、用土1リットル当たり2gを混合します。

植付け

植付け

苗を選ぶポイントは、茎が太くがっしりして、根鉢が大きく、10枚ぐらいの本葉がついて1番花が咲きそうなものです。
10号鉢で1株、プランターで2株を、気温が15℃以上になる5月頃に植えます。
早く植えるときはホットキャップで保温します。

世話

世話
  1. 1番花の下から出る2本の枝を伸ばし、それから下の枝はすべて摘み取ります。
  2. 伸ばした枝は混み合ってきたら適当に枝や葉を取り除き、日当たりと風通しの良い場所に置きます。
  3. 苗がしっかり着いたら、半月おきに3~4回1株当たり7~8gの化成肥料を与えます。
    また、薄めた液体肥料を水代わりに7~10日に1回与えても良いです。
    乾燥を嫌うので、土の湿り気をチェックする必要があります。

収穫

収穫

1番最初になった実は早めに収穫します。
それ以後もやや若い実を収穫していきます。そうすると株が疲れず、収穫を安定させることができます。
収穫期間が長いので、株を疲れさせないようにしましょう。逆に、カラーピーマンは完熟してから収穫します。収穫量が多すぎたら冷蔵庫で保存します。
油炒めや肉詰め料理、細かく刻んでサラダや薬味とか揚げ物、煮物にもなります。