ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

ナス

ナス
植付け時期
5月上旬
収穫
6~10月
品種
千両、千両二号、龍馬、加茂ナス、千成、水なす、山科など
栽培難易度
やさしい
栄養
糖質、ビタミンB1、C、食物繊維など
病害虫駆除
ウイルス病を媒介するアブラムシや、梅雨時には疫病が発生します。
ナス

小ナス、丸ナス、長ナス、中長ナス、米ナスなど形・大きさ・色で多くの種類があります。中長ナスは比較的育てやすく、家庭での栽培におすすめです。

ほとんどが水分でできているため、他の野菜と比べると栄養価は多くありませんが、低カロリーでダイエット食に最適です。また、ポリフェノール化合物や食物繊維を含んでおり、ガン抑制や体の老化防止に効果があると言われています。

高温性ですが、真夏の暑さに弱く花を落としたり着果不良を起こすので、7月下旬に更新剪定という新芽を出させる処置を行なうのがポイントです。

栽培方法

用意するもの

10号以上の鉢や大型プランターで、深さが30cm以上の大きめの容器を使います。
土の温度を上げ、乾燥を防ぐためのビニールシートと支柱、敷きワラも必要です。

用土

小粒の赤玉土6、腐葉土2、バーミキュライト2の割合で混ぜ合わせます。
用土の調整時に苦土(くど)石灰を用土1リットル当たり1g、植付け1週間前に緩効性化成肥料を用土1リットル当たり2gを混合します。

植付け

植付け

苗は茎が太くて枝と枝の間隔が狭く、色の濃い本葉が6~7枚、根元には子葉がついているものを選びましょう。
10号鉢なら1株、プランターなら2株植えます。根鉢を崩さず表面が見えるぐらい浅く植えます。
ビニールシートで地表を覆い地温を上げます。植えたあとに苗が安定するように仮支柱を立てて固定します。

世話

世話
  1. 用土の表面が乾かないようにし、乾きかけたらたっぷり水を与えます。日当たりの良いところに置き、水はけを良くします。
  2. 株元に厚めにワラを敷き、乾燥を防止します。ナスは多肥を好みますので、肥料が切れないようこまめな追肥が欠かせません。
  3. 1株当たり7~8gの化成肥料を1ヵ月に1回与えます。
    また、薄めた液体肥料を7~10日おきに与えても良いです。わき芽(葉の付け根ごとに出る芽)を伸ばしすぎると良い実がなりません。
  4. 1番花が開いたら、その下の2つの芽を残して全部芽を摘み取り3本に仕立てます。
  5. 7月下旬に株の勢いが衰えたら更新剪定として、主枝を葉1枚残して切りつめます。また、根もところどころスコップで切って再生させ液体肥料を与えます。
  6. 実がなり始めると重くなってくるので、もう1本支柱を立てて枝を支えます。木を弱らせないよう毎日観察しながら収穫を待ちます。

収穫

収穫

開花後、15~20日で収穫できるようになります。とげがあるのでハサミを使って収穫しましょう。
実が熟すると種が硬くなって肉質が悪く食用に適さなくなり、株にも負担がかかるので未熟果を収穫します。
料理のしやすさと淡泊な味わいで昔から人気の食材です。漬け物や煮物、油炒めなどにして食されてきました。