ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

トウモロコシ

トウモロコシ
種まき時期
4月下旬~5月上旬
収穫
7~8月
品種
ハニーバンダム、ピーターコーンなど
栽培難易度
やさしい
栄養
デンプン、食物繊維、ビタミンB1、E、リノール酸など
病害虫駆除
ウイルス病、アワノメイガが発生します。
トウモロコシ

一般的に食用で栽培されているのはスイートコーンと言われる種類で、ハニーバンダムやピーターコーンなどがあります。また、ポップコーンを作るには、爆裂種という品種を使用します。

強い光と高温、乾燥を好む性質があります。成長すると茎も根もかなり伸びるので、大きな容器を置くことができるスペースと日当たりの良さが必要です。

また、受粉は他の株の花粉で行なう他家受粉なので、なるべく多くの株を育てることがポイントとなります。

栽培方法

用意するもの

10号以上の鉢やプランターなど大きな容器を数個使います。

用土

小粒の赤玉土6、腐葉土2、バーミキュライト2の割合で混ぜ合わせます。 用土の調整時に苦土(くど)石灰を用土1リットル当たり1g、種まき1週間前に化成肥料を用土1リットル当たり2gを混合します。

種まき

種まき

種は1ヵ所に2粒ずつを、10号鉢の場合なら1ヵ所、プランターの場合なら2ヵ所にまきます。その上から、土を2cm程度被せます。
せっかくまいた種が、鳥などに食べらてしまう可能性があるので気を付けましょう。

世話

世話
  1. 草丈が15~30cmぐらいになったら、元気で成長が旺盛な苗を残し、それ以外を間引きします。間引きを行なうときは、残す苗の根を傷めないように苗の根元あたりを切り取ります。
  2. 間引きしたあとと、雄花が出始めた頃に1株当たり10gの化成肥料を与え、3~5cm土を増します。株元から出た芽は取り除きます。
  3. 1株に2~3本の雌穂(房)がつきますが、最上部の雌穂だけを残し、下の雌穂は若いうちに摘み取り、ヤングコーンとして利用します。

収穫

収穫

雌花が茶色になったら収穫期です。先端部分の皮をむいて実のなり具合を確認して収穫しましょう。
収穫後はだんだんと味が落ちていくので、収穫したら早めに調理をしましょう。
調理方法はコーンスープ、バターコーン、コロッケ、ポップコーン、コーンフレーク、コーン茶にするなど様々です。焼いたり茹でたり、甘みが強く生で食べられる品種のものもあります。