ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

タマネギ

タマネギ
種まき時期
9月
収穫
翌年4月~6月
品種
ソニック、ターボ、マッハ、湘南レッド、ショウジョウ赤、ペコロスなど
栽培難易度
普通
栄養
ビタミンB、C、カルシウム、鉄分、リン、カリウム、マンガン、亜鉛など
病害虫駆除
べと病が発生します。
タマネギ

タマネギは、その辛味の度合いによって甘タマネギと辛タマネギの2種類に分類されます。さらに、色によって黄色種、赤色種、白色種の3種類に分類されます。
日本で生産されているのは、ほとんどが辛タマネギの黄色種です。それぞれに早生種、中生種、晩生種があります。
独特な香りは硫化アリル類からくるもので、ビタミンB1の吸収を助けてくれる作用があります。豚肉と一緒に食べると効果的です。

栽培方法

用意するもの

標準プランターなど、深さが15cm以上ある面積の広い容器を使います。

用土

小粒の赤玉土6、腐葉土2、バーミキュライト2の割合で混ぜ合わせます。
用土の調整時に苦土(くど)石灰を用土1リットル当たり1g、種まき1週間前に緩効性化成肥料を、用土1リットル当たり2gを混合します。

種まき

種まき

寒さに強く涼しい気候を好みます。逆に25℃以上になると生育が悪くなるので気を付けましょう。
種を1~2cm間隔にまき、軽く種を押さえてから薄く土を被せます。発芽するまで新聞紙などで覆い乾燥を防ぎます。

苗の植付けは、11月頃に草丈が20~25cmになったら行ないます。直径6mm以下の大きさの揃った苗を選び、株間10cm、条間20cmぐらいの間隔で植えていきます。

世話

世話
  1. 本葉が2枚程出たら、生育の一番良いものを残して間引きし1ヵ所1株にします。
  2. 苗がしっかり着いた後と、2月頃にそれぞれ化成肥料を10gずつ与えましょう。その後は追肥をして土を増します。

収穫

収穫

球根が十分育って大きくなり、葉が70%くらい黄色くなって倒れたら収穫できます。葉が完全に枯れると球根が腐りやすくなるので、収穫時期を逃さないようにしましょう。保存するときには10球ぐらいを束ねて日陰に吊します。
生食では辛味が強く、加熱すると甘みが出ます。カレーやグラタン、スープなどの煮込み料理、味噌汁の具などと多様な料理に使われます。