ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

スイカ

スイカ
種まき時期
4月
収穫
7月下旬~8月中旬
品種
大和スイカ、甘露西瓜、嘉實西瓜、アイスクリーム、マウンテンスウィート、スウィート・サイベリアン、黒部西瓜など
栽培難易度
難しい
栄養
ビタミンA、B1、B2、C、カリウム、リコピンなど
病害虫駆除
ツル割病や炭そ病が発生します。
スイカ

スイカは、ほとんどが水分と果糖でできていて、赤い果肉の色素はリコピンといって、ベータカロチンと同様にガン予防の効果があります。

夏の代表的な食べ物で、形や大きさ、色などいろいろな品種があります。家庭栽培では、1.5~2kg小玉スイカを選んだ方が良いでしょう。

強い陽射しと高温を好み、乾燥に強いですが、梅雨時の高い湿度には弱い性質があります。

栽培方法

用意するもの

10号以上の大鉢で、深さ30cmぐらいのできるだけ大きな容器を使います。保温のためにビニールシートと支柱、敷きワラも用意しましょう。

用土

小粒の赤玉土6、腐葉土2、バーミキュライト2の割合で混ぜ合わせます。
用土の調整時に苦土(くど)石灰を用土1リットル当たり1g、種まきの1週間前に緩効性化成肥料を、用土1リットル当たり1gを混合します。

種まき

種まき

10号鉢に種を3~4粒まき、土は8mmぐらい被せ、その上にホットキャップをかけて発芽を促します。

世話

世話
  1. 本葉が出た頃に2株にし、本葉が3枚の頃に1株にします。
  2. 親ヅルを5~6節で先端を切り、子ヅルを2本伸ばします。鉢にツルが巻きつく支柱を立て、あんどん仕立てにします。
  3. ツルを支柱に誘導させ、1番花が咲いたらその下の枝葉はすべて摘み取ります。
  4. 雌花が咲いたら、午前中の涼しいうちに人工授粉して着果させます。
  5. 着果後、果実が大きくなり始めたら、1株当たり10gの化成肥料を与えます。さらに、果実が握りこぶしぐらいまで成長したら、同じように化成肥料を施します。
  6. 果実が大きくなったら、支柱に果実を吊すかツルを下げて地面に置くようにします。

収穫

小玉種の場合は、開花後30日くらいで果実を収穫できます。収穫の目安は、果実がなっている節の巻きツルが枯れた頃です。
あまり知られていませんが、スイカは丸ごと食べることができます。皮には利尿作用が含まれているので、お漬け物などにして食べましょう。