ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

ショウガ

ショウガ
植付け時期
5月
収穫
葉:8月下旬~9月中旬
根:10月中旬~11月中旬
品種
おたふく、近江、房州、らくだ、中太、在来、三州、金時など
栽培難易度
普通
栄養
ショウガオール、ジンゲロン、カリウム、食物繊維など
病害虫駆除
メイガの幼虫が発生します。
ショウガ

品種は、大きさや部分によってたくさんあり、根ショウガ、葉ショウガなど様々です。

ショウガに含まれるショウガオールやジンゲロンは香辛成分で、肉の臭みを消す効果や、肉を軟らかくするタンパク質分解酵素も含んでいます。

また、食欲増進の効果があり、香辛料や薬味として料理に欠かせない野菜です。家庭での栽培には、早生の小ショウガがおすすめです。

栽培方法

用意するもの

10号以上の鉢や大型プランターなど、深さ30cmぐらいのできるだけ大きな容器を使います。乾燥を防ぐ敷きワラ、保温のためにビニールシートと支柱も必要です。

用土

小粒の赤玉土6、腐葉土2、バーミキュライト2の割合で混ぜ合わせます。
用土の調整時に苦土(くど)石灰を用土1リットル当たり1g、植付けの1週間前に緩効性化成肥料を、用土1リットル当たり2gを混合します。

植付け

植付け

大きな塊の種ショウガは2~3芽をつけて切り分け、2~3日乾燥させます。
日当たりの良い高温多湿の環境を好むので、地面の温度が十分温かくなってから植えましょう。プランターなら6個程度植えられます。
土は5cmぐらい被せ、その上に乾燥を防ぐためにワラを敷き、さらに容器全体をビニールシートで覆って土を温めます。

世話

世話
  1. 土が乾かないように夏場は毎日朝夕2回水をやり、3~4週間おきに化成肥料を1株当たり5~6g与えます。
  2. 芽が伸びて本葉が5~6枚になったら、土を増やします。
  3. さらに6~7月、新しい茎がふくらんだ頃に、2回目の増し土をします。

収穫

収穫

葉ショウガは8~9月に新茎に新しいショウガができ始めたら、種ショウガから切り離して収穫します。根ショウガは秋になって葉が黄ばんで、十分に太ったら掘り出します。
収穫後は、薬味や魚・肉の臭み消し、風味付けなどに利用しましょう。