ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

サトイモ

サトイモ
植付け時期
4月中旬~5月上旬
収穫
10月~11月
品種
石川早生(いしかわわせ)、八つ頭、土垂(どだれ)、びんろう芯など
栽培難易度
普通
栄養
デンプン、カリウム、カルシウム、ムチンなど
病害虫駆除
特に必要ありません。
サトイモ

サトイモは食べる部位によって、子イモ用・親イモ用・親子兼用に分類されます。バルコニーでの容器栽培では、子イモ用の「石川早生」や「土垂」がおすすめです。

高温多湿を好むので真夏でもよく育ちますが、乾燥に弱いので十分な水やりが必要です。成長すると葉が大きくなるので、ベランダのスペースが狭い場合には不向きです。

栽培方法

用意するもの

10号以上の鉢や大型プランターなど、深さが30cmぐらいの大きな容器を使います。

用土

小粒の赤玉土6、腐葉土2、バーミキュライト2の割合で混ぜ合わせます。種まき・育苗用はそのままの土を使いますが、定植用には用土の調整時に、苦土(くど)石灰を用土1リットル当たり1g、植付け1週間前に化成肥料を、用土1リットル当たり1gを混合します。

植付け

植付け

タネイモを10号鉢で1個、プランターの場合は2個植えます。植えるときは、芽を上にして置き、5cm程度土を被せます。植付けが終わったら十分に水をあげます。
鉢やプランター上部を、ビニールシートで覆って保温すると早く発芽します。気温が低いと発芽しないので、桜が咲く頃を目安に植付けを行ないます。

世話

世話
  1. イモの露出を防ぎ、生育を良くするためには土を増やすことがポイントです。5月中旬頃から1ヵ月おきに3回程度行ないます。
  2. 1回目は草丈が40~50cmぐらいになった頃、株元に土を軽く増やします。
  3. 2回目は6月下旬頃に1株当たりに10gの化成肥料を与え、株元へ4~5cm土を増やします。
  4. 3回目は梅雨明け頃で、さらに株元へ4~5cm土を増やします。

収穫

収穫

イモが育つ10月下旬~11月上旬に収穫します。地上部を刈り取り、イモを傷つけないようにていねいに掘り出します。
イモは泥がついたままの状態で、暖かく暗い場所に置いておくと長期間保存ができます。ただし、傷がついたイモは腐りやすくなるので早めに食べましょう。
サトイモは煮っ転がしやおでんなどの煮物によく合います。