ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

カブ

カブ
種まき時期
春:3月~5月
秋:9月
収穫
春:5月~7月
秋:10月~11月
品種
金町、聖護院、近江など
栽培難易度
やさしい
栄養
ベータカロチン、ビタミンC、カルシウム、鉄分、食物繊維など
病害虫駆除
アブラムシ、ヨトウムシ、アオムシが発生します。
カブ

カブは、古くから人々に親しまれ、珍重されてきました。今では、日本各地にいろいろな品種があり、形や長さも様々です。バルコニーでの容器栽培の場合には、小カブが一番適しています。

涼しい環境を好むため、春は早めに種まきをし、夏がくる前に収穫します。初心者には、害虫が発生しない秋まきが、比較的栽培しやすいでしょう。

栽培方法

用意するもの

標準プランターなど、15cm以上の深さがある容器を使います。

用土

小粒の赤玉土6、腐葉土2、バーミキュライト2の割合で混ぜ合わせます。調整時に、苦土(くど)石灰を用土1リットル当たり1g、種まきの1週間前に化成肥料を、用土1リットル当たり2gを混合します。

種まき

種まき

10cm間隔で1~2cm幅の浅い溝をつくって筋まきにします。このとき、できるだけ間隔がかたまらないように、散りばめてまきます。まき終えたら、種を軽く押さえて定着させたあと、土を薄く被せます。

世話

世話
  1. 子葉が開ききった頃に、たくさん混み合った部分を間引きし、本葉2~3枚で3~4cm間隔に、本葉4~5枚ならば5~8cm間隔にします。
  2. 乾燥と過湿を繰り返すと根が傷むので、適温を保つように注意しましょう。本葉2~3枚になった頃から1週間おきに、水代わりに液体肥料を与えます。
  3. 最後の間引きのあとに、カブの露出を少なくするために土寄せをしましょう。

収穫

収穫

小カブの場合は、直径4~5cmくらいの大きさになったら収穫できます。
カブは、収穫が遅れるとス(細い穴、根菜類の芯に入る)が入り、味が落ちてしまうので気を付けましょう。
煮ると、柔らかく甘みが増し、和風・中華・洋風料理に万能な野菜です。