ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

オクラ

オクラ
種まき時期
5月
収穫
7月~9月
品種
グリーンスター、ベターファイブ、アーリーファイブ、グリーンロケットなど
栽培難易度
普通
栄養
ビタミンB1、B2、C、ベータカロチン、カルシウムなど
病害虫駆除
アブラムシが発生します。
オクラ

オクラ特有の粘りの成分「ムチン」は、タンパク質分解酵素を含んでおり、整腸作用や疲労回復、肌の老化防止に効果があります。

南国風のきれいな花が咲き、実の形も五角形や丸形、八角形と豊富です。味もさることながら、観賞用としても楽しめます。

オクラは、原産国がアフリカなので、真夏の高温時にも順調に生育しますが、逆に低温には弱い性質です。

栽培方法

用意するもの

10号以上の鉢や、30cm以上の深さがあるプランターを使います。また、支柱や敷きワラも必要です。

用土

小粒の赤玉土6、腐葉土2、バーミキュライト2の割合で混ぜ合わせます。
調整時に、苦土(くど)石灰を用土1リットル当たり1g、種まきの1週間前に緩効性化成肥料を、用土1リットル当たり2gを混合します。

種まき

種まき

種が硬いので、まく前に種を一昼夜、水につけておきます。10号鉢なら1ヵ所、プランターなら2ヵ所に3~4cm間隔で1ヵ所に3~4粒ずつまきます。
種から1cmくらい土を被せ、発芽するまでビニールシートなどで覆い被せ、温めて育てます。

世話

世話
  1. 本葉が1~2枚の頃に1ヵ所2株にし、本葉が4~5枚の頃に、1ヵ所1株にするよう間引きします。
  2. 本葉が5~6枚になったら、1株当たり7~8gの緩効性化成肥料を与え、収穫が終わるまで薄めた液体肥料を7~10日おきに、水まき代わりに施します。
  3. 草丈が30cmぐらいになったら、支柱を立てて倒れないようにします。また、敷きワラで乾燥も防止しましょう。
    わき芽(葉の付け根から出る芽)は早めに摘み、収穫後はその下の葉も取り除きます。

収穫

収穫

長さ5~6cmのサヤに、爪が立つほどの若い実を収穫します。
収穫が遅れると、実が硬くなってしまうので気を付けましょう。
早めに収穫したオクラは柔らかく、さっと茹でて小口切りにし、醤油と鰹節をかけて食べたり、酢のもの、和えもの、天ぷら、スープなどに利用できます。