ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

インゲン

インゲン
植付け時期
春:4月~5月
夏:7月
収穫
春:6月~7月
夏:9月~10月
品種
さつきみどり、江戸川など
栽培難易度
普通
栄養
ビタミンB群(B1、B2、B6など)、C、ベータカロチン、カルシウム、食物繊維など
病害虫駆除
高温・乾燥時にはハダニやアブラムシが発生します。
インゲン

インゲンは、「ツルあり種」と「ツルなし種」があり、バルコニー栽培には支柱がいらない「ツルなし種」がおすすめです。

スープの具、天ぷら、ゴマ和え、バター炒め、サラダなど様々な料理に利用できます。

生育が早いので、種まきから40日程度で収穫が楽しめます。ただし、低温にも高温にも弱い性質なので、20℃前後の気温で育てましょう。

栽培方法

用意するもの

10号以上の鉢や標準プランターなど、15cm以上の深さがある容器を使います。ツルあり種の場合は支柱や針金も必要です。

用土

小粒の赤玉土6、腐葉土2、バーミキュライト2の割合で混ぜ合わせ、調整時に苦土(くど)石灰を用土1リットル当たり2g、種まきの1週間前に化成肥料を、用土1リットル当たり2gを混合します。ツルあり種の場合は化成肥料の量が半分になります。

種まき

種まき

春に種をまくときは、十分気温が上がってから、1ヵ所に3粒ずつ、10号鉢なら2ヵ所、プランターなら3ヵ所にまきます。
種の間隔をあけて、種の厚さの2~3倍ぐらい土を被せます。

世話

世話
  1. 本葉が2~3枚の頃に間引きをし、1ヵ所2株にします。根を傷めないよう注意し、間引き後は株元に用土を足します。
  2. つぼみが大きくなったら、1ヵ所(2株)当たり4~5gの化成肥料を置き肥します。
  3. 草丈は30~40cmぐらいになります。ツルあり種はツルが伸びるので、支柱を立てて巻きつかせ、あんどん仕立てにします。

収穫

収穫

開花後、10~12日ぐらいの若くて軟らかいサヤから収穫します。
収穫した後は、鮮度を長く保つことができないので、保管する場合はポリ袋に入れて冷蔵庫に入れておきます。
一度収穫したら、同じ場所で続けて栽培することはできません。