ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

植物園を支えるボランティア



植物園では、地域のボランティアが大活躍しています。植物園内の案内役、自然教室の講師、植物の育成・管理、清掃、標本の整理・植物園の維持・運営に関わるさまざまな活動を行なっています。ボランティアというと、お手伝いという印象がありますが、ひょっとするとボランティアがいなければ成り立たない植物園もあるのではと思うほど、植物園ではボランティアが重要な役割を担っています。

ボランティアはどんな人たち?

ボランティアは一般の市民の方たちです。何か職業を持っていて休日などにやってくるボランティアもいれば、定年退職をしたりして時間に余裕のある人なら平日も含めて参加する人もいます。また、植物園の求めに応じて個人で参加する人もいれば、ボランティア団体や植物園の友の会などに所属していて団体の一員として参加するボランティアの人もいます。そんな人たちに共通しているのは、植物が好き、そしてより多くの人たちに植物の素晴らしさを知ってほしい、という思いを持っているということです。また、ボランティアを通じて、植物の愛好家の仲間を増やしたい、という人も少なくありません。いずれにしても、植物園の作業を通じて、地域社会に貢献している人たちがボランティアだといえそうです。

報酬はやはりゼロ?

ボランティアに報酬はありません。それこそ手弁当で、昼食代・交通費なども出ません。逆にボランティア団体から植物園が寄付を受けることさえあるくらいです。いただきものとしては、植物園によっては、研究資料を含んだ会報誌や情報誌を提供してもらえることがあります。植物の知識を探求するボランティアの人にとっては植物園の発行する情報誌は貴重な資料になるので、それを目当てにボランティアに参加する人もいるようです。

ボランティアの仕事内容は?

ボランティアだからこの仕事を、というものはありません。植物園ごとの方針もありますし、不足する人材をボランティアで補うこともあるため、ボランティアの仕事は多岐にわたりますが、代表的なものをいくつかピックアップしてみましょう。

ガイド

植物園で園内を案内してもらうガイドです。あまりに流暢に楽しく案内してもらえるので、ボランティアと思えない人もいるでしょう。ガイドボランティアはとくに土曜、日曜、祝日に需要があるため、平日は普通のサラリーマンをしているという人もいるかもしれません。ただ、ガイドは植物園に精通していないと案内できませんので、多くの場合、ベテランの人がこなしています。

山野草の整備

植物園内や周辺地域の森など自然観察のためのエリアの整備を担当します。具体的には、森の歩道の保全、山野草の育成状況の管理が中心で、山野草の管理では撒種、育苗、定植などを行なっています。

花壇の整備

ハーブガーデンやボーダー花壇など植物園内の花壇の管理を植物園スタッフの指示に従って行ないます。花壇は、季節の変わり目に手入れをすることが多いため、四季の一定の時期に参加するというボランティアが多いようです。手入れを通じて植物の知識が深まり、また季節の移ろいを感じることがボランティアの人たちの喜びとなっています。

イベントの設営・運営・展示棟の飾りつけ

植物園で開催する企画展やガイドツアー、講習会など各種のイベントの準備を行ないます。ボランティアの知識や技術力によっては、企画展での解説やイベントの講師を任されることもあります。

その他

植物園が独自に入手した植物の標本の整理、清掃などの環境整備、その他さまざまな役割をボランティアが担っています。

この中でぜひやってみたいという作業はありますか。もし、空いた時間を利用してボランティアに参加してみたい、自分の特技を活かしてみたい、植物を愛する仲間を増やしたい、そんなふうに考えているなら、ぜひお近くの植物園に問い合わせてみて下さい。