ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

植物園で働く人の資格



花と緑に囲まれながら植物園で働きたい。そんな願いを叶えるために、学生時代から資格を取得しておきたいと考えている人もいるでしょう。また、念願かなって植物園で働くようになったとき、どんな資格をもっていると役に立つのか知りたいという声も人もあります。ここでは、植物園で働く人の資格について考えてみました。

展示の企画・運営を担う「学芸員」

一部例外もありますが、植物園も、動物園や水族館と同様に博物館の分野に属しています。博物館には必ず学芸員の資格をもった人がいますが、植物園も同様です。学芸員は、植物園の中で、展示の企画、資料収集、資料の整理。目録作成、広報の企画・実施などを担当しています。こうした仕事をするためには専門分野の深い知識が必要ですから、仕事に就いてからも専門分野についての研究を続けていくことが不可欠です。そうした努力が必要ですが、自ら主体的にいろいろなことを企画でき、その反応をじかに確認できるため、非常にやりがいの大きな仕事だと言えます。

学芸員の資格を取得するには、学芸員課程を設置している大学において、博物館法施行規則に定める科目の単位(博物館実習を含む)を取得して資格を得ます。この方法で資格を取る場合は認定試験の受験や実務経験は必要ありません。

植物の維持・管理を担う人の「緑・花文化の知識認定試験」

植物園の仕事は、栽培、施設の管理・維持、植物の管理などがありますが、それらの仕事をする場合に役だつのが、緑・花文化の知識認定試験で取得できる基本的な知識です。緑・花文化の知識認定試験は、自然への親しみをよりますことを目的にして実施されている認定試験で、試験では花や樹木の名前や分類など植物に対する幅広い知識が試されます。この中では、植物の知識だけでなく、社会、文化、歴史を含めた総合的な知識が求められる試験内容が出題されるため、学習する内容は多岐に及びます。緑・花文化の知識認定試験は、特級、1級、2級、3級、4級、5級の6レベルで構成されており、特級を3回取得した人は「緑花文化士」に認定されます。

2004年から中学生・高校生向けのジュニア認定級が新設されています。植物を楽しむために、親子で資格にチェレンジする受験者も急増しています。

自然の保護・育成を企画する「ビオトープ管理者」

ビオトープとは、生き物(BIO)と場所(TOP)を合わせた言葉で、自然の生き物たちが生息・育成する空間のことをいいます。ビオトープ管理者は、生き物たちが生息する自然生態系を保護し、その空間の質を高めるための企画・運営に携わります。ビオトープ管理者でなければできないビオトープ事業は、これからの植物園の取り組みのひとつに挙げられており、今後、期待される資格です。

ビオトープ管理者には、次の2つの部門・2つの階級があります。

2つの部門

ビオトープ計画管理士
広域的な地域正確(都市計画、農村計画など)のプランナー。1級・2級があります。
ビオトープ施工管理士
設計・施工にあたる事業現場担当の技術者。1級・2級があります。

2つの階級

1級(受験資格があります)
経験の豊かな事業の責任者レベル
2級(誰でも受験できます)
基礎的な知識のある技術者レベル
「生物分類技能検定」

植物のお医者さん「樹木医」

樹木医は、文字通り病気になった木を治療したり、樹木の栽培方法などの相談に応じたりすることのできる資格です。樹木の保護・管理、診断、治療等に関する業務経歴が7年以上ある人が資格試験に挑戦できます。また、樹木医補もあり、認定後の業務経歴が1年以上あれば受験できます。

森の案内人「森林インストラクター」

植物園が主催して開催する森林の中のレクリエーションなどの野外活動の移動を行なうスペシャリストが森林インストラクターです。資格試験は、森林インストラクターとなるために必要な知識及び技能を判定する「一次試験」と「二次試験」からなります。試験を受けるための講習などは義務づけられていませんが、テキストなどを購入し、学習しておくことが必要です。各都道府県、市町村によっては、森林インストラクターの養成訓練を実施しているところがありますので、受験を考えている人は問い合わせてみて下さい。