ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト植物園[ガーデニング]リサーチ

植物園情報

植物と芸術「草木染め」



草木染めとは、名前の通り、草木を染料として布を染めることを言います。化学染料で染められた布に比べ、草木で染めた布は穏やかで自然を感じさせるやさしい色合いに仕上がります。日本には染料植物を集めた染色植物園もあり、染織文化を学んだり、草木染めを体験することもできます。

日本の草木染めの歴史

染色の歴史は古く、エジプトのピラミッドでは4000年以上も前に染められた藍染の麻布が発見されています。日本では、弥生中期の吉野ヶ里遺跡から出土した絹織物から染料が検出されており、この頃にはすでに天然染色の技術があったと考えられています。また、万葉集には、植物の花や葉を直接布にあてて色を移す刷りこみが行なわれていたことが示されています。飛鳥・奈良時代になると、聖徳太子によって冠位十二階の制度が制定され、鮮やかに染められた冠の色で位を表わすようになったことから、この頃に高度な染色技術が広まったことが分かります。そして平安時代には十二単のような豪華絢爛たる衣装を纏うようなり、より一層日本の染色技術は磨かれていきます。江戸時代になると、小袖が主流になったことから、多様な染色技法が発展し、木綿によく染まる藍染がこの時代に流行したと言われています。

草木染めのしくみ

染料植物は、見た目でわかる色だけでなく、様々な種類の色素を含んでいます。そのため、同じ染料を使っても、布の素材や染料に浸す時間などによって染まる色は変わってきます。また、紫、赤、青の色素は少なく、昔から貴重なものとされています。草木染めを綺麗に発色させるために最も重要なものが媒染剤で、アイ、キハダ、ベニバナを除くほとんどの染料植物には媒染剤が必要不可欠です。媒染剤とは、染色と繊維の仲立ちをして染料が繊維につきやすくする物質です。みょうばんから作られるみょうばん媒染剤や、さびた釘を食酢で煮て作るおはぐろ媒染液などがあります。これらは、みょうばんに含まれるアルミや釘に含まれる鉄を利用して綺麗に発色させています。

草木染めの正しい扱い方

草木染めした布は日光に当たると退色してしまうため、光の当たらないところに保管しておきましょう。湿気にも弱く、斑点状のシミが出てしまうことがあるので、なるべく湿気が少なく風通しの良いところが適しています。また、酢やアルカリ、汗、果汁などによって変色することもあります。汗などがついてしまったときは、できるだけ早く水洗いし、汚れがひどく感じた場合は中性洗剤で湯洗いして下さい。