ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト植物園[ガーデニング]リサーチ

植物園情報

植物と芸術「植物写真」



植物写真は、植物の生態や、人間の生活から切り離して植物の世界を撮影した作品で、植物園でも写真展が頻繁に開催されています。また、山で高山植物を撮影する会や撮影方法を学べるワークショップなども開かれており、昨今の山登りブームやカメラブームも合わさって老若男女問わずじわじわと人気を集めてきている分野です。

植物写真とは?

植物写真とは?

植物写真と言っても、とくに決まった定義やカテゴリーがあるわけではありません。植物を被写体にした作品を撮っている写真家は多く、植物をテーマにした写真展が開かれることもよくあります。また、植物の写真を専門に撮影している植物写真家も存在しています。最近では、82歳というご高齢ながら今なお現役で植物写真家として活躍している埴沙萠さんがドキュメンタリー番組で特集されたことから、一躍ネットなどで話題になりました。埴さんは、日常生活では気づけないような植物の世界をファンタジックに切り取った作品を撮り続けており、植物の小さな生命のパワーを写真を通して私たちに伝えてくれています。

植物写真を綺麗に撮るコツ

植物写真を綺麗に撮るコツ

花や植物を撮影するときのポイントは、マクロモードでの撮影をうまく使いこなすことです。コンパクトデジタルカメラ、一眼レフカメラともにカメラモードには近接撮影用のマクロモードがあります。このマクロモードを使えば、小さな花や植物に近づいてアップで撮影してもピントが合いやすくなるため、カメラ初心者でも比較的理想通りに植物写真を撮ることができます。しかし、被写体に近づくほど手ブレの影響は大きくなります。そのため三脚を用意することをオススメします。低いアングルで撮影が可能なローポジション対応の三脚があると、より面白い植物写真を綺麗に撮ることができます。また植物を観察してみるとわかるのですが、風の影響を受けて揺れ動いているためピタッと静止している状態でタイミングよくシャッターをきることはなかなか難しいものです。できるだけ風が弱い瞬間を狙って、シャッター速度を上げるか、連写機能を活用して撮影してみましょう。また植物の色彩や特徴に注目し、光などを上手に利用して撮影してみると素敵な植物写真が撮れます。