ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

庭を立体的に見せる樹木を育てましょう



お庭に樹木があるとより立体的に見せてくれるだけでなく、夏は木陰を作り、涼しくしてくれます。また、木々の芽吹きや紅葉により、季節感もより豊かに感じさせてくれます。庭のどの場所に植えるのか、お庭の雰囲気や目的に合わせて植える木を選ぶことが大切です。

植える場所や目的に合わせたおすすめの樹木

植える場所や目的に合わせたおすすめの樹木

庭木は植える場所や目的に合わせて選ぶことが大切です。ここでは木の種類や目的別の樹木を紹介します。

生け垣に適した木
カナメ(レッドロビン)、サザンカ、オウゴンマサキ、レイランディ、キンモクセイ、ドウダンツツジ、コノテガシワ、トキワマンサクなど
花を楽しむ庭木
アジサイ、アセビ、エゴ、ドウダンツツジ、ハナミズキ、シロヤマブキ、モクレンヤマボウシなど
葉を楽しむ木
アオキ、イロハモミジ、カツラ、カリン、ゲッケイジュ、シモツケ、シラカシなど
コニファーとして楽しむ
コノテガシワ、ニオイヒバ、モミの木、レイランドヒノキ、イヌツゲ、コロラドビャクシンなど
シンボルツリー(常緑樹)
アセビ、オリーブ、シマトネリコ、シラカシ、ソヨゴなど
シンボルツリー(落葉樹)
ハナミズキ、ヤマボウシ、エゴノキ、カツラ、モミジ、シャラなど
収穫を楽しむ木
ジューンベリー、ブルーベリー 、ラズベリー、キンカン、ユズ、ウメ、ブドウ、リンゴなど

庭木を植えてみよう

庭木を植えてみよう

庭木を植える場合は、「水ぎめ」と「土ぎめ」の2つの方法がありますが、一般的には「水ぎめ」で植えることが多いようです。なお、事前に植える場所の土作りを行なっておきます。

  1. 植え付ける庭木の根鉢の大きさよりも大きめの穴を掘ります。石やガラが出てきたら取り除きます。
  2. 根鉢に巻いてある縄や麻布はそのままでもいいですが、ビニールなどは取り除きます
  3. 穴に庭木の根鉢を入れて置いてみます。正面の向きや角度などバランスを調整します。
  4. 幹の付け根が地上よりも上に出るように、穴の底に掘った土を床土として盛ります。
  5. 木に沿うよう支柱を立て、土を8割程度埋め戻します。その後水をたっぷり入れます。
  6. 幹を持って、前後左右に動かして水をまんべんなくなじませます。
  7. 残りの土を埋め戻し、株の周りを押さえます。
  8. 穴の周りに土を盛って水鉢を作り、水鉢の中に水をたっぷり注ぎます。

剪定にチャレンジしてみよう

剪定にチャレンジしてみよう

庭木を植えたあと、そのまま放っておくのは良くありません。葉が茂りすぎると病害虫の発生がおきやすくなります。その防止のためや大きさや樹形を整えるために剪定を行ないます。剪定時期は木によって異なります。花の咲く(実のなる)常緑樹などは春から初夏にかけて(3~5月頃)、落葉樹は葉の落ちた後の冬期(11~3月頃)に剪定します。木には剪定すべき枝があり、忌み枝といって木にとって不要な枝があります。こうこうした枝を見極めて剪定しましょう。

枯れ枝
見た目が悪く、病害虫の発生源となる枝
徒長枝
飛び枝ともいい勢いよく飛び出した枝
立ち枝
横に広がるところから直立して伸びた枝
胴吹き
幹吹きともいいます。樹の幹から直接伸びた枝
ヒコバエ
ヤゴともいいます。樹の根元から出る細い枝
懐(ふところ)枝
樹幹に近い懐部分に出る。
重なり枝
平行枝ともいい複数の枝が同じ方向に伸びたもの
逆さ枝
自然な枝の流れと逆方向に伸びた枝
かんぬき枝
二本の枝が幹を挟んで左右対称に伸びたもの
車枝
一ヵ所から三本以上が放射状に出たもの
垂れ枝
下がり枝ともいい下方に向かって伸びた枝
絡み枝
枝が交差するような形に伸びたもの