ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

植物園の冬「冬景色に彩りを添える花」



多くの植物が休眠期に入る冬は、花を見ると心が和みパッと明るくなりますね。花の少ない時期ですが、寒さに負けずに美しい姿を見せてくれる花木があります。今回は身近で良く目にする冬の花を紹介します。

豚のパンだった?「シクラメン」

豚のパンだった?「シクラメン」

冬の鉢花の代表選手「シクラメン」は、サクラソウ科の球根性植物で、クリスマスやお正月に室内の観賞用として多く出回っています。11月頃から4月頃まで長く花を咲かせて楽しませてくれるのが魅力です。シクラメンの花は、なぜか下向きに咲いています。この秘密は、原産地である地中海沿岸の気候にあります。この地方はシクラメンが咲く冬に、雨が多いため水に弱い花粉を守ろうと下向きに咲くようになったと言われています。「豚饅頭(ブタノマンジュウ)」という奇妙な和名は、原産地で豚がこの花の茎を好んで食べることから「sow bread(メスブタのパン)」と呼ばれていたのを、日本の植物博士が直訳したため。昔は「シク」が「死苦」につながるとして、病院へのお見舞いには避けられていました。見頃の時期になると多くの植物園がシクラメンの展示を行なうので、ぜひ出かけてみて下さい。

冬枯れに心惹かれる深紅の「ツバキ」

冬枯れに心惹かれる深紅の「ツバキ」

冬、花が少ない時期に目を楽しませてくれる「ツバキ」は、日本原産で多くの品種があります。一般的によく見られるツバキは「ヤブツバキ」で、古くから茶の花としても親しまれてきました。俳句の季語に使われますが、「ツバキ」は春の季語で、「寒椿」が冬の季語になります。ツバキの花は、花びらが散るのではなくガクの部分から丸ごと花が落ちるので「落椿」という言葉があります。ツバキの種から採れる「椿油」は、江戸時代から、女性の髪を艶やかに保つとして重宝されてきました。「椿油」に含まれるオレイン酸は保湿力があるため、今でもスキンケアや毛髪ケアに活用されています。同じ冬に咲き、よく似た花に「サザンカ」があります。違いは、サザンカは秋から冬に咲くので、冬の季語として使われることや、花ごと落ちるのではなく花びらが散ることなどがあります。ツバキの本場、伊豆大島にある「東京都立公園」の椿園では、7haの面積に450種3,700本の園芸品種と、伊豆大島の自生種であるヤブツバキ5,000本が毎年1?3月に見頃となります。

冬の風物詩「スイセン」

冬の風物詩「スイセン」

スイセンはヒガンバナ科の植物で、球根や葉の部分にはヒガンバナと同じように麻酔系のアルカロイドという有毒成分が含まれています。またスイセン特有の甘い香りには鎮静作用があり、スイセンの香りで癒されるのはそのためです。学名「ナルキッソス」は、ギリシャ神話に登場する美少年に由来。森の池の水面に写る自分を見て恋に落ち、恋煩いに陥ってやがて息絶えます。亡くなった少年の代わりに池にはスイセンが咲いていたという逸話からナルシストという言葉が生まれたと言われています。スイセンの三大自生地である「灘黒岩水仙郷(兵庫県)」「爪木崎の水仙(静岡県)」「越前海岸の水仙(福井県)」は、名所として知られ、冬の寒い時期に美しく咲き広がり、甘い香りとともに訪れる人たちを楽しませています。