ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

植物園の春「心トキメク花たち」



春は新芽からはじまって、色とりどりの花が楽しめる植物が躍動を始める季節。冬枯れで殺風景だった街も、緑や彩りが一気に戻って明るく華やかになります。もちろん、植物園にも春の花木がいっぱい。街で見るよりも豊富な種類の花木が楽しめます。ここでは誰もが知っている春の代表的な花木を紹介します。

春の花木の代表選手「サクラ」

春の花の代表と言えば「サクラ」。桜は「バラ科」の植物で、100種類以上の野生種、自生種のほか、ソメイヨシノのような栽培品種、園芸品種が300種以上あります。代表的な野生種は山桜、大島桜、江戸彼岸桜、豆桜、緋寒桜、河津桜などがあり、江戸彼岸桜の園芸品種である枝垂れ桜は長寿で巨木になるものが多く、日本三大桜も同じ系統です。日本人にもっともなじみが深い「染井吉野(ソメイヨシノ)」は、大島桜と江戸彼岸桜の交配種で、江戸時代末期に、染井村(現在の豊島区駒込)の植木屋が生み出したもの。不稔性で種では増えないものの、接木で増やしやすく、花が大きくて美しいソメイヨシノは急速に広がり全国に分布するようになりました。

京都府立植物園には、約100品種500本の桜が植えられていて、4月初旬から下旬まで楽しめます。西側の鴨川沿いの「半木の道」の枝垂れ桜も有名です。

キュートでカラフルな「チューリップ」

身近で春を感じさせてくれる花と言えば、チューリップ。カップのような花弁とカラフルな色が、私たちを魅了します。チューリップの花びらのうち外側の3枚は実は「がく」で、花びらは内側の3枚のみです。その形がターバンを巻いているように見えるところから(トルコ語でTulipant=ターバンの意)名付けられたと言われています。つぼみが開いてからは、気温に合わせて閉じたり開いたり。10度以下では閉じ、20度以上では大きく開きます。登録されている種類は約5600品種ありますが、現在も新しい品種がどんどん出ています。チューリップの生産第1位はオランダですが、日本では、富山県砺波市がチューリップ球根の生産量第1位となっており、毎年チューリップフェアを開催している他、季節を問わずに様々な種類のチューリップが楽しめる植物園「チューリップ色彩館」も有名です。

晩春の代表選手「ツツジ」

晩春の代表選手は、ツツジ。和風庭園の彩りにもよく使われます。ツツジはその形状が筒に似ていることから、また赤と白の花が連なって咲くことから「つづき」がだんだん「ツツジ」と呼ばれるようになったと言われています。良く似ていて間違えやすいのが同じサツキ科の「サツキ」ですが、ツツジは4~5月、サツキは少し遅めの5月~6月に咲きます。ヤマツツジで有名なのがキリシマツツジで、九州の雲仙岳や阿蘇山、霧島山に見られます。また富士山や浅間山、八ヶ岳などで群落で咲くレンゲツツジも有名です。群馬県にある「県立つつじヶ丘公園」には、樹齢800年を超えるヤマツツジの巨樹群が、自然形のままで保存されていて、ツツジの名所となっています。