ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

植物園のコンテスト



植物園でのコンテスト(コンクール)というと、バラや菊の品評会を想像します。一般の人が思い思いに作った切花を出品して花形や花の色つや、香、葉の良しあしなどの品質を競いあうものです。最近は、そんな花のコンテストとともに、花をモチーフにした写真や絵画などのコンテストなども各地の植物園で開催されています。いま植物園では、どんなコンテストが開催されているのか紹介してみましょう。

植物画コンテスト

植物画コンテスト

絵画の中の素材として植物を描くのではなく、植物の姿を正確に観察し、植物の特性をより理解した植物絵のコンテストが各地で実施されています。中学生・高校生の部、一般の部があり、芸術的な美しさを基準に審査を行ないます。植物園では、このコンクールを通じて、植物を観察することで、環境保護への理解を深めてもらいたいという願いもあるようです。

フォトコンテスト

フォトコンテスト

四季折々に変化を見せる植物園内の花や木々を撮影するコンテストや、植物園を取り巻く地域の環境までフィールドを拡げて地域の美しい自然を撮影するコンテストが開催されています。応募作品は、植物園内の展示室に掲示されることも多く、参加者のやる気をそそる特典が付いています。また、コンクールの表彰式と合わせて写真教室を開催することも多く、植物と写真撮影のマニアには、満足度の高いイベントです。

ガーデニングコンテスト

ガーデニングコンテスト

ハンギングバスケット(壁掛け型の寄せ植え)と、コンテナガーデン(鉢植え)を用いて、花と緑のあふれる洗練された美しい空間の創出を競うガーデニングコンテストも活発に行なわれています。作品は期間中、植物園内に展示され、多くの目に触れることになります。ガーデニングコンテストでは初心者向け、18歳以下限定など、経験が浅い人でも取り組みやすいコースを設けている植物園もあります。

コンテストの元祖は菊の品評会

コンテストの元祖は菊の品評会

菊の品評会は、菊づくりの愛好家がその腕を競うコンテストで全国の植物園や神社、公民館などでも開催されています。その歴史は古く、平安時代までさかのぼります。中国では昔から、菊は不老長寿の妙薬として知られていたことから、長寿を願う行事で「菊酒」を飲みかわしていたそうです。そこで菊を歌った和歌を競い、併せて菊花の品評会が開かれていたそうです。後に庶民にも広がり、全国で「菊合わせ」と呼ばれる新花の品評が行なわれるようになりました。