ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト植物園[ガーデニング]リサーチ

植物園情報

植物園の定番の年中行事



植物園では、1年を通じていろいろな催しを開催しています。毎年、お馴染みの年中行事をベースに、その時々でユニークなイベントや講習会、展示会などを通じて人と植物の関わりを提案しています。催し内容は、植物園のホームページなどで「イベント情報」が確認できます。基本は四季折々の移ろいを取り入れた年中行事が軸になっているようです。

植物園のイベントは年度ごとに決められることが多いため、4月から3月までの行事が決まると、年中行事カレンダーを植物園内に貼り出したり、チラシなどで配布するとともに、ホームページなどで年中行事の紹介をしています。

お正月は新年らしく

お正月は新年らしく

1月は比較的イベントの少ない月ですが、年の改まったお正月は昔から縁起の良い植物の展示を行なっています。松竹梅の寄せ植えや、それぞれの盆栽、福寿草、万両、千両など縁起の良い植物の鉢植えを行なったりします。1月7日の七草になると、七草を植えたり、七草粥の会を開催する植物園が少なくありません。

また、冬季は花が少ないこともあって、盆栽展などの展示会が開催されています。ゴヨウマツ、アカマツ、クロマツなどが人気です。

早春からイベントが活発に

早春からイベントが活発に

2~3月頃になると、温室育ちの草花の展示が始まります。プリムラ、マラコイデス、オブコニカ、ポリアンタなどの明るくて華やかな花が春の訪れを感じさせてくれます。

3月から4月にかけて開催するイベントには、以下のようなものがあります。

つばき展
ひとことで、つばきと言ってもその種類は多く、地方によってさまざまな交配でオリジナルの品種が生まれています。それを一堂に集めて展示するつばき展は定番の人気イベントです。
桜まつり
3月後半からの桜の季節といえば、お花見。シダレザクラ、ソメイヨシノが咲き誇った後、4月中旬から下旬にかけてサトザクラが咲き出します。
山野草展
山野に生える自然の草木に心を寄せる人が増えています。とくに、春の山草の寄せ植えをつくるイベントが人気で、美しい山野草を寄せ植えにすることで楽しさがふくらみます。

5月はバラの季節

5月はバラの季節
バラの品評会
五月に入り植物園内がバラで満開になると、切花やデコレーションなどの品評会が行なわれています。腕に自信のある人は切花を出品して、花形や花の色つや、香りなどを競っています。
植物園の日
平成19年度より5月4日の「みどりの日」を「植物園の日」とし、全国の植物園でさまざまなイベントを開催しています。
サツキ展
サツキツツジを盆栽風に仕立てた鉢植えの品評会が全国で開かれています。花だけでなく、木振りが盆栽らしい形になっているかも審査のポイントになっています。

6月からのハナショウブで夏本番に

6月からのハナショウブで夏本番に

梅雨時から夏にかけて多いイベントには次のようなものがあります。

ハナショウブ展
梅雨はハナショウブの季節です。日本のハナショウブには、三系統があります。花上がりの多い江戸系、花が大型の熊本系、三枚の花被が下に垂れ下がる伊勢系の三系統のハナショウブがあり、それぞれの比較を楽しむことができます。
アサガオ展
7月下旬から8月上旬はアサガオの品評会が開かれます。青や紫、紅に白、絞り咲きの大輪花が競い合います。

9月から冬にかけて

9月から冬にかけて
ハギまつり
山野でハギが咲き乱れるのは9月からです。ハギは丈夫な植物なので、どこの植物園でも見られますが、とくに宮城県のハギは古来から有名です。仙台市野草園では、毎秋、萩まつりが開催され、園内で琴の演奏会や、萩茶の接待などが行なわれています。
菊花大会
秋が深まってくると、全国で菊の展示会、品評会が開かれます。菊を使ったデコレーションや菊人形が飾られることも多く、どの植物園も大勢の人で賑わっています。
クリスマス・フラワーショー
冬の訪れでにぎやかになるのが、温室の中です。クリスマスの飾りつけができたり、いろいろなプレゼントサービスを実施したり、植物園ではワクワクするような企画でお客様を楽しませています。