ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト植物園[ガーデニング]リサーチ

植物園情報

選りすぐりの植物園「六甲高山植物園」



六甲高山植物園は、神戸の街と海を見下ろす六甲山の山頂近く、海抜865mにある日本最大級の高山植物園です。北海道南部とほぼ同じという涼しい気候を活かして、高山植物を中心に世界の寒冷地植物や、六甲山自生植物などを栽培しています。

空気ひんやり!日本最古の高山植物園

空気ひんやり!日本最古の高山植物園

六甲高山植物園は、1933年(昭和8年)に植物学者・牧野富太郎博士の指導により開設されたもので、高山植物園として日本で最も長い歴史を誇っています。その敷地は約5万㎡。濃い緑に包まれた園内を彩る、高山植物の数は約1500種以上になります。

自然に近い状態で高山植物を観賞できるように高山の岩場を再現した「ロックガーデン」は、日本と西洋のエリアに区分されていて、様々な高山植物が花を咲かせています。六甲山は年平均気温が約9℃ということもあり、大都市・神戸近郊の山でありながら、アルプスの高山植物も気軽に観賞できます。

また、植物園のスタッフが同行し、園内の見所や、なかなか見つけにくい小さな草花を紹介してくれる「花のガイド(ガイド時間:約30分)」を毎日無料で開催しています。植物の名前や、その由来、ちょっとした豆知識などを聞くことができるので、ぜひ参加してみましょう。

群生の花々が描く、野生の花景色

群生の花々が描く、野生の花景色

6月、ロックガーデンでは日本を代表する"高山植物の女王"コマクサの大群生が見られます。また、園内にある約300㎡の湿原では、7月になると、高原の湿原に群落を形成するユリ科の多年草ニッコウキスゲが花を咲かせ、湿地が鮮やかな黄色に染まります。5月には、谷間の水辺や山間の湿地に生える多年草クリンソウが、約5000株の群生で濃いピンク色の花を毎年楽しませてくれます。

6月は園内にアジサイも咲き誇ります。六甲山はアジサイの名所として有名。土壌が酸性なので、青色の花が多いようです。ちなみにシーボルト著「日本植物誌」に載っているものの130年間、実物を見た人がいなかった幻のアジサイ「シチダンカ」。この花は1959年に六甲ケーブル山上駅付近で、植物園のスタッフが偶然発見したそうです。園内では、この貴重なシチダンカの花も見られます。

森の恵みを利用して手づくり体験

森の恵みを利用して手づくり体験

六甲高山植物園では、木や草花を使った体験イベントを期間限定で開催しています。園内で採れた枝や木など自然の素材を使って、夏は小枝のボールペンなどの「ネイチャークラフト体験」、秋は園内で採れたアジサイのドライフラワーや木の実を使って「森の手づくりリース体験」ができます。ぜひ、オリジナルの手づくり雑貨を作ってみましょう。