ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

選りすぐりの植物園「パルシェ香りの館」



淡路島の西海岸中央部に位置する一宮エリアは、全国で1位のシェアを誇る線香の名産地です。お香の本場にあるのが、香りをテーマにしたパルシェ香りの館です。施設内には、ハーブ園や自然農園、温室などがあり、四季折々の草花が咲き誇り、芳しい香りが漂っています。

研究植物園として歴史と伝統あり!

研究植物園として歴史と伝統あり!

瀬戸内海を一望できる高台にある、パルシェ香りの館。その庭園には、クチナシやライラックなどの芳香樹やハーブなどが栽培されています。オーシャンビューと香りを楽しみながら、のんびり庭園散策を楽しむのもおすすめです。また、施設内にある大農園では、ジャーマンカモミール、ラベンダー、センニチコウ、コスモス、セージ類など、季節ごとのハーブや草花がいっぱい。花の開花期には、摘み取り体験も楽しめます。

温室では、約26種類のフクシアや、ストレプトカーパスなど、熱帯・亜熱帯原産の園芸植物が栽培されています。色鮮やかなフクシアの花が、天井から吊り下げられた鉢に咲き誇る姿は、なんとも華麗。南国の花の楽園にいるような気分を味わえます。

花と香りを感じるハーブ体験!

花と香りを感じるハーブ体験!

パルシェ香りの館では、オリジナル香水をはじめ、ハーブを使ったリースや石けん、お香、キャンドルなど、自分だけのアロマグッズを手作りできます。

また、畑からハーブを摘み取って、エッセンシャルオイルを抽出する体験もできます。抽出したエッセンシャルオイルは、アロマテラピーに使ったり、アロマバスやマッサージオイルとしても活躍します。

温泉やグルメも、ハーブを楽しみながら

温泉やグルメも、ハーブを楽しみながら

「草」を意味するラテン語「Herba」を語源とする「ハーブ(Herb)」。日本語では「香草(スパイス)」「薬草」などといわれています。ハーブは、古くから食用として料理に使われたり、健康や美容に役立つ植物として暮らしの様々なシーンで活用されてきました。

パルシェ香りの館にあるレストランでも、ハーブをふんだんに使った料理が楽しめます。もちろん料理に使うハーブや野菜は、施設内で農薬は使わずに育てられたものです。

また、施設内にはハーブの香りを楽しめる温泉「淡路島いちのみや温泉」もあります。弱アルカリ性の天然温泉で、神経痛、筋肉痛、冷え性、疲労回復などに有効。ラベンダーやローズマリーなど、四季折々のハーブの香り漂う露天風呂があるので、のんびりリラックスしてみましょう。いい香りと相まって、気持ちよさは抜群です。そして湯上がり後には、バニラ、ラベンダー、ローズなど、ハーブフレイバーのソフトクリームを味わうのも人気です。