ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト植物園[ガーデニング]リサーチ

植物園情報

選りすぐりの植物園「京都府立植物園」



京都市の北部、東に比叡山を望む、賀茂川の畔にある京都府立植物園は、日本で最初の本格的な公立植物園です。東京の小石川植物園が、東京大学の教育実習施設として機能する研究植物園であるのに対して、京都府立植物園は、一般市民が植物と親しめて、植物の知識や楽しさを広げられる。そして学術的な研究も行なう。研究のみに偏らず、植物に関するいろいろなことに幅広く対応できる総合植物園として誕生しました。

苦難を乗り越えてきた総合植物園

苦難を乗り越えてきた総合植物園

京都府立植物園の開園は1924年(大正13年)、日本の公立の総合植物園としては最も古い歴史を持っています。ただ、この長い歴史の中、戦争に大きく影響されながら、苦難の時代を乗り越えて、現在の美しい植物園は造り上げられました。

例えば、戦争中は園内に菜園が設けられ、食糧増産の場になりました。戦後は、連合軍により米軍の家族住宅地として接収され、園内に将校住宅が建てられました。この時、せっかく長年にわたり育ててきた貴重な植物の多くが伐採され、園内は荒廃してしまったのです。接収から12年後、1957年(昭和32年)に植物園は府に返還され、1961年(昭和36年)にようやく再開園されました。

京都府立植物園の見所いろいろ!

京都府立植物園の見所いろいろ!

現在、京都府立植物園は約24万㎡の広大な敷地に、約1万2000種の多彩な植物が栽培されています。四季折々の草花が季節に応じて様々な表情を見せてくれる花壇や庭園、子どもたちが元気に遊べる憩いの場として大芝生なども整備されています。

「生きた植物の博物館」として、園の北半分は自然林である「ならぎの森」を中心に、日本各地の山野に自生する植物を自然のままの姿で植栽した生態見本園となっています。また、その周辺は、桜や梅、花菖蒲などの園芸植物や、竹笹、針葉樹などを植栽した昔ながらの日本の森の姿を楽しめます。

正門花壇
けやき並木を抜けて正門から園内に入ると、まず目を引くのが正門花壇の草花。季節ごとに様々な花が色づいています。特に、春は色鮮やかなチューリップが一斉に開花するのが美しい!品種に応じて花の色や形を楽しんでみましょう。原種のチューリップは特に注目です。
観覧温室
キレイな流線型をした温室の外観は、池に浮かんだ金閣寺のイメージと、北山連峰のシルエットを取り入れた京都らしい優雅なデザイン。この温室内では、約4500種、2万5000本の熱帯地域の植物が観賞できます。
ワイルドガーデン
国際的草花審査会(AAS、FS)公認の東アジア唯一のディスプレイガーデン。樹木や水の流れなどに合わせて、色とりどりの可愛い花がたくさん咲いています。