ご希望の植物園[ガーデニング]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
植物園[ガーデニング]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

植物園情報

中部エリアの植物園



都心から車で少し移動すると、緑豊かで色とりどりの花が咲き乱れる植物園へ行ける中部エリア。休日には歴史ある植物園や、国内最大級の花畑へと遊びに出掛けてみませんか?中部エリアオススメの植物園を紹介します。

東山動植物園(愛知県名古屋市)

東山動植物園(愛知県名古屋市)

全国でも有名な動物園で知られている東山動植物園は、1937年の開園当初より動物園と併設して植物園が作られました。園内にある大温室は前館と後館に分かれており、前館は開園当時から公開されている施設で、現存する温室では日本最古と言われています。開園当時、前館は東洋一の水晶宮と呼ばれ、2006年に重要文化財にも指定されました。現在、残念ながら前館は保存修理工事を行なうため閉鎖しており、平成31年度に再オープンする予定になっています。園内には他に約230科7000種もの植物が植栽されており、開園当時に植えられたヤシの木などが現在も生育されています。また、世界遺産にもなった岐阜県の白川郷から移築した合掌造りの家も展示されており、也遊園という回遊式の日本庭園や、茶室など日本情緒溢れるコーナーも作られています。

交通案内
地下鉄東山線東山公園駅下車後、徒歩3分。

なばなの里(三重県桑名市)

なばなの里(三重県桑名市)

なばなの里は、ナガシマリゾート内にある植物園で、毎年行なわれる花まつりや冬のイルミネーションで有名な観光スポットです。13000坪の花畑は、日本最大級の規模を誇り、春はチューリップ、秋はダリアやコスモスなどが花まつりで咲き乱れます。園内には他に、あじさい・花しょうぶ園や、梅苑、ベゴニアガーデン、バラ園などがあり、どのコーナーも花畑同様、大規模で見応えたっぷりな内容になっています。また、園内の展望台からは色とりどりの花畑とあじさい・しょうぶ園が一望でき、冬のイルミネーションをゆっくりと眺められる場所にもなっています。隣接されている花市場は、東海地区最大の品ぞろえで、旬の花や珍しい品種の苗などが用意されており、園芸ファンにはたまらないショッピングエリアとなっています。

交通案内
車で東名阪自動車道長島ICより約10分。

はままつフラワーパーク(静岡県浜松市)

はままつフラワーパーク(静岡県浜松市)

約30万平方メートルの園内に約3000種10万本の植物が植栽されているはままつフラワーパークは、浜松市制施行60周年事業の一環として1970年に開園しました。隣接する浜松市動植物園とは園内で繋がっており、1996年には浜松市フルーツパークも開園しました。園内には四季を通じて様々な花が咲き乱れ、6月上旬から中旬に見頃となる花しょうぶ園は、開園当初に東京の明治神宮から譲り受け大切に品種保存してきたものです。現在、由緒ある江戸系の名花を多数観賞できるのは全国で明治神宮とはままつフラワーパークだけと言われています。

交通案内
東名高速浜松西ICから車で約15分。